映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2019年5月15日
◆2019/5/15更新
ジム・ジャームッシュ監督のゾンビ映画、2020年春に日本公開決定!
第72回カンヌ国際映画祭に出品!
  米インディペンデント映画界を代表する鬼才ジム・ジャームッシュ監督の最新作「The Dead Don't Die(原題)」が、2020年春に日本公開されることが決定した。

  16年、バス運転手の何気ない日常を切りとった「パターソン」、イギー・ポップ率いる伝説のバンド「ザ・ストゥージズ」に迫る音楽ドキュメンタリー「ギミー・デンジャー」の2作を同時発表し話題を呼んだジャームッシュ監督。3年ぶりの新作で挑んだのは、ゾンビ映画だ。「パターソン」に続き主演に抜てきされたアダム・ドライバー、ジャームッシュ監督と3度目のタッグを組むビル・マーレイのほか、ティルダ・スウィントンクロエ・セビニースティーブ・ブシェーミトム・ウェイツセレーナ・ゴメスらが出演している。

  物語の舞台は、アメリカの田舎町センターヴィル。3人だけの警察署で働くロバートソン保安官(マーレイ)とピーターソン保安官代理(ドライバー)は、いつもの他愛のない住人のトラブルの対応に追われていたが、突如街にゾンビが出現し、思わぬ事態に巻き込まれていく。

  第72回カンヌ国際映画祭では、オープニング&コンペティション部門作品として上映される「The Dead Don't Die(原題)」。ジャームッシュ監督とカンヌ国際映画祭の縁は深く、「ストレンジャー・ザン・パラダイス」がカメラドール(新人監督賞)、「コーヒー&シガレッツ」が短編部門のパルムドール、「ブロークン・フラワーズ」がグランプリを獲得。「ダウン・バイ・ロー」「ミステリー・トレイン」「デッドマン」「ゴースト・ドッグ」「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」「パターソン」がコンペティション部門、「10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス」がある視点部門に出品されてきた。カンヌ国際映画祭常連のジャームッシュ監督が、ついにパルムドール受賞を果たすのか、注目が集まっている。

  「The Dead Don't Die(原題)」は、20年春から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

Credit:Abbot Genser/Focus Features (C) 2019 Image Eleven Productions, Inc.
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2019/5/15のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 6/25更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月15日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.