映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2019年1月31日
◆2019/1/31更新
ボブ・ディランの美声×企業戦士たちの叫びと涙「七つの会議」スペシャル映像完成
初公開シーンもたっぷり!
  人気作家・池井戸潤氏の企業犯罪小説を映画化し、狂言師で俳優の野村萬斎がサラリーマン役に初挑戦する「七つの会議」のスペシャル映像が、このほど公式Youtube(https://youtu.be/zZMaov65idQ)でお披露目された。企業戦士たちの対立、叫び、そして涙――次々と活写される緊迫した光景を、主題歌に起用されたボブ・ディランのバラード「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」が彩っている。

  「陸王」「下町ロケット」「半沢直樹」などの原作で知られる池井戸氏の同名小説を、ドラマ版「下町ロケット」などの福澤克雄監督が映画化。物語の舞台となるのは「結果が全て」という考え方が今なお続く中堅メーカー・東京建電。社内で起きたパワハラ騒動をきっかけに、会社員たちの人生、そして会社の存在が揺らいでいくさまを描き出す。野村が"ぐうたら社員"営業一課係長・八角を演じるほか、香川照之及川光博片岡愛之助音尾琢真立川談春北大路欣也など、池井戸作品を支えてきた豪華な俳優陣が顔をそろえている。

主題歌に起用されたボブ・ディランの バラード「メイク・ユー・フィール・ マイ・ラヴ」
  お披露目されたスペシャル映像は、豪華俳優陣が織りなすストーリー展開に合わせて編集され、初公開となる映像を多数含んだ内容だ。そしてバックに流れる「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」は、企業戦士が戦い終わった時の「鎮魂歌」、疲れ切ったサラリーマンに癒しと希望を与えたいという点を強調。ディランが歌い上げる「嵐が来て、海が荒れても/後悔だらけの道のりだったとしても/変化の風は必ず吹く、強く、自由に/あなたはまだ知らないだけ、私みたいな人のことを」という歌詞が重なることによって、"壮絶なヒューマンドラマ"としての趣が漂う仕上がりになっている。

  「七つの会議」は、2月1日から全国で公開。

(C)2019 映画「七つの会議」製作委員会
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2019/1/31のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 10/21更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月31日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.