映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2018年9月13日
◆2018/9/13更新
怒声とパワハラのオンパレード!野村萬斎×池井戸潤「七つの会議」ポスター&予告完成
ぐうたら社員が企業文化に風穴を開ける!?
  人気作家・池井戸潤氏の企業犯罪小説を映画化し、狂言師で俳優の野村萬斎がサラリーマン役に初挑戦する「七つの会議」のティザーポスターと予告編が、このほど完成した。ビジュアルは「正義を、語れ。」というコピーとともに、萬斎扮する無精ヒゲの主人公が会議テーブルに立ち、ギロリとにらみつける様子を活写。映像は営業社員に対する「死にもの狂いで数字あげろ! 返事!」という怒声や、「あんたみたいなお荷物は、生きてる価値すらないんだよ」などのパワーハラスメントがのべつ幕なしに飛び交う、圧巻の内容となっている。

  「陸王」「下町ロケット」「半沢直樹」などの原作で知られる池井戸氏の同名小説を、ドラマ版「下町ロケット」などの福澤克雄監督が映画化。中堅メーカー・東京建電の営業一課係長・八角(野村)は、その"ぐうたら社員"ぶりから営業部長・北川(香川照之)らには白い目で見られつつも、ほかの社員が猛烈に働くなか、ただひとり飄々と毎日をやり過ごしていた。

  ある日、トップセールスマンの課長・坂戸(片岡愛之助)がパワハラで訴えられ、異動処分が下される。訴えた当事者は、部下である八角だった。万年二番手に甘んじてきた原島(及川光博)が新課長として着任するが、思うように成績を上げらず、次第に焦りを募らせていく。

  サラリーマンの戦いと葛藤、そして秘密と闇を描く今作。池井戸作品初参加の萬斎のほか、香川、及川、愛之助、音尾琢真立川談春北大路欣也ら常連俳優が濃密な演技合戦を展開するほか、命を削って働く登場人物の姿を通じ、"働くことの正義"を問いかけていく。さらに、新キャストも発表。藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、朝倉あき岡田浩暉木下ほうか吉田羊土屋太鳳小泉孝太郎溝端淳平春風亭昇太勝村政信世良公則鹿賀丈史橋爪功が顔をそろえ、物語を重厚に支えていく。

  また予告編のナレーションは、遠藤憲一が担当している。「七つの会議」は、2019年2月1日から全国で公開。

(C)2019映画「七つの会議」製作委員会
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2018/9/13のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 10/18更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月13日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.