映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
携帯(フューチャーフォン)サイト終了のお知らせ
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2019年1月31日
◆2019/1/31更新
ジュリア・ロバーツが薬物依存症の息子を守り抜く母親を熱演 「ベン・イズ・バック」5月公開
息子役は若手注目化株ルーカス・ヘッジズ
  薬物依存症の息子を守り抜く母親の姿を描いた「Ben Is Back(原題)」が、「ベン・イズ・バック」の邦題で5月に公開されることがわかった。オスカー女優のジュリア・ロバーツと、若手実力派のルーカス・ヘッジズが親子役で共演を果たしている。

  イタリアで行われた第13回ローマ国際映画祭で審査員特別賞に輝いた、衝撃と感動の物語。クリスマスイブの朝、薬物依存症の治療施設を抜け出した19歳のベンは、突然実家に戻り家族を驚かせる。久々の再会に母ホリーが喜ぶ一方で、疑い深い妹アイビーと良識ある継父ニールは、過去のある経緯から、ベンに生活を脅かされるのではないかと不安に駆られる。両親はホリーの監視を条件に、ベンの1日限りの滞在を認めることに。その夜、一家が教会から戻ると、家の中が荒らされ、愛犬が消えていた。昔の仲間の仕業だと考えたベンは、過去を清算しようとたった一人で家を飛び出してしまう。

  息子を信じ続ける母ホリーを演じるのは、「エリン・ブロコビッチ」で第73回アカデミー賞主演女優賞を獲得し、「このストーリーにはとても胸を打たれた」と語るロバーツ。「マンチェスター・バイ・ザ・シー」で第89回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、「レディ・バード」「スリー・ビルボード」など話題作への出演が相次ぐヘッジズが、ケガの治療による鎮静剤の過剰投与により、不運にも薬物依存に陥ってしまうベン役を務め、痛々しいほどの苦しみを体現。さらに、「名探偵ピカチュウ」のキャスリン・ニュートンがアイビー役、「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」のコートニー・B・バンスがニール役に扮する。

  監督と脚本を担当したのは、「アバウト・ア・ボーイ」「ギルバート・グレイプ」の脚本を手掛けてきたピーター・ヘッジズ。実の息子であるルーカスが出演する本作で、母親が我が子に向ける決して諦めない強い愛情を、繊細に、そしてサスペンスフルに描出した。

  「ベン・イズ・バック」は、5月から東京のTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開される。

(C)2018- BBP WEST BIB, LLC
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2019/1/31のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 11/12更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月31日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.