映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2019年4月11日
◆2019/4/11更新
宮野真守×梶裕貴! 大人気声優「ペット2」に再び参加、相思相愛で「大好きです」
宮野は悪役、梶裕貴はモルモット役
  2016年に大ヒットしたアニメーション映画の続編「ペット2」日本語版声優に、宮野真守梶裕貴が参加していることがわかった。2人は前作に続いての出演。宮野は初登場となる悪役セルゲイ役を担い、梶はモルモットのノーマン役を続投する。

  「怪盗グルー」シリーズ、「SING シング」を生み出したイルミネーション・エンタテインメントの最新作。前作はニューヨークを舞台に、犬のマックスとデュークをはじめとする個性あふれるペットたちが、飼い主の留守中に大冒険を繰り広げるさまを描いた。日本語吹き替え版では「バナナマン」の設楽統日村勇紀佐藤栞里永作博美沢城みゆき中尾隆聖らも続投する。

  「ペット」のみならず、イルミネーション作品に多数参加する宮野。前作ではマックスたちに手を貸すタカのタイベリアス役だったが、今作では謎めいた悪徳サーカスの団長セルゲイ役で暗躍する。「『ペット』は大好きな大好きな作品なので、今回も出演させていただける事になり、本当に嬉しいです! 新しく演じる"セルゲイ"は、なにやら怪しい雰囲気を持っていますが、しっかり役を理解し、お芝居に真っ直ぐ向かっていきたいと思います」と意気込んだ。

  そして梶は、忘れっぽいが愉快で陽気なモルモットのノーマン役。今作ではその機動力を活かし、あるミッションで大活躍するという。「ふたたび『ペット』の世界に入れること、ノーマンを演じさせていただけることをとても幸せに思います!」と喜び、「なにより……いちファンとして『ペット』の続きを観られることが純粋に嬉しいです!」と述べた。

  また宮野は「前作では、ちっちゃくて可愛いノーマン梶くんを、食べたくてしょうがないタイベリアス宮野でしたが(笑)、今回は敵同士……。仲間として近くに居られないのは残念ですが、果敢に絡んでいきたいと思います! もちろん役として(笑)。覚悟しておいてください(笑)」とメッセージ。梶は、宮野に対して「大好きです」と愛情を見せている。

  「ペット2」は7月26日から全国公開。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2019/4/11のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 6/26更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月11日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.