映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
携帯(フューチャーフォン)サイト終了のお知らせ
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2019年10月7日
◆2019/10/7更新
クリステン・スチュワート、「トワイライト」時代振り返り「まるでハイスクール時代のよう」
チューリッヒ映画祭に参加したクリステン・スチュワート
  今年で15回目を迎えたスイスのチューリッヒ映画祭で、若手の才能に与えられるゴールデン・アイ・アワードがクリステン・スチュワートに授与された。映画祭では彼女がヌーベルバーグのアイコン、ジーン・セバーグに扮した最新作「SEBERG」が上映され、ベネディクト・アンドリュース監督とともに出席した記者会見が行われたほか、一般の観客に向けたスチュワートのティーチインも開催された。

  入場できないファンが続出した満席のティーチインに現れたスチュワートは、以前に比べてかなりリラックスした面持ちで、ざっくばらんなトークを展開。俳優を始めたきっかけから、「パニック・ルーム」でジョディ・フォスターと共演した思い出、「トワイライト」から新作「SEBERG」までを振り返り、さらに次回作「チャーリーズ・エンジェル」や、現在準備中の監督作、「The Chronology of Water」について語った。

  「トワイライト」について、今でも共演者たちと集まったりする機会はあるかと尋ねられると、「みんなで一緒にというより、それぞれと繋がりがあるわ。あのシリーズにはまるでハイスクール時代のように思い出がたくさんある。ロブは素晴らしい。今も頑張っていて、それは素敵なことだと思う」と、元恋人のロバート・パティンソンについて屈託なく語った。

  アンドリュース監督の「SEBERG」は、ゴダールの「勝手にしやがれ」で世界的に有名になったジーン・セバーグが、その後アメリカでブラックパンサーに傾倒し、FBIから執拗にマークされた時代に光を当てる。ヒューマニストでレイシズムに反対し、自身の意見をはっきり主張したヒロインを、スチュアートが現代的な強さとしなやかさで演じる。スチュワートはセバーグについて、「以前は『勝手にしやがれ』を見ていた程度だったけれど、アンドリュース監督のおかげで彼女について詳しく知ることができた。実在の人物を演じるのはこれまでと異なる経験で、彼女は特にアイコンだった。ヘアカットや衣装などもこだわって役作りをしたわ」と語った。また新生「チャーリーズ・エンジェル」について司会者から、「意外な選択ですね」と問われると、「これまでシリアスな映画をやってきたけれど、こういう映画もとても楽しい。エリザベス・バンクス(監督、脚本)のアイディアで、スーパーヒーローの要素と同時に、おバカで可笑しい面もあり、もちろん女性たちの連帯も描かれる、最高に楽しい映画よ」とアピールした。

  この日会場には若い女性が多く、客席からは、「あなたはタトゥーがたくさんありますがどんな意味があるのですか」というパーソナルな質問や、「女優になるための、あるいは夢を追いかけることに対してアドバイスを下さい」といった要望もあり、彼女たちからアイコンとして見られていることを感じさせた。(佐藤久理子)

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2019/10/7のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 11/17更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2019年10月7日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.