映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2018年7月20日
◆2018/7/20更新
お笑い芸人・宮川大輔が関西弁を封印!?「アントマン&ワスプ」吹き替えキャストに決定
アフレコ中の宮川(上)と声優を 務めるキャラクター「ウー捜査官」
  「アベンジャーズ」シリーズを擁するマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の第20作「アントマン&ワスプ」で、お笑い芸人の宮川大輔が、新たに登場するキャラクターの日本語吹き替え版キャストを務めることが明らかになった。

  身長を1.5センチにできる特殊スーツでミッションに挑むヒーローを描いた「アントマン」の続編。今作では同じくサイズを自由自在に変化させる女性ヒーロー"ワスプ"とアントマンがタッグを組み、謎の敵に立ち向かうさまが描かれる。宮川が吹き替えを務めるのは、ある大事件からアントマンを監視しているFBI捜査官のウー(ランドール・パーク)。腕利きの捜査官かと思いきや、生真面目すぎて空回りするというキャラクターで、アントマンたちをしつこく追い回す役どころだという。

  演じた宮川自身も、「熱い人だけど空回りしているところ、間抜けなところもあって面白い人」と感じたそうで、「『まだ出てきよった!(笑)』と思えるような、演じてても大事(な存在)やなと思います」とキャラクターの魅力をアピール。声優経験はありながらも「実写作品の人間役」は初挑戦である上、関西弁ではなく標準語での演技の苦労を明かし、「演出家さんが、『迷わないで1回、バン!と決めてから、色々ふくらませていった方が失敗はないです!』と言ってくれたんで、自信を持っていきました」としながらも、「ただ1カ所、僕が失敗してちょっと女性っぽくなったときがあったんですよ。『どいて!』みたいな(笑)。失敗した!と僕は笑っていたんですが、『今のいいですね!』となって、そこから乗せていただいて、ウー(というキャラクター)ができていきました」とエピソードを語っている。

  同じ吉本興業所属のお笑い芸人では、加藤浩次が「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で、宮迫博之が「アベンジャーズ」で、そして小杉竜一が今作でMCU作品の吹き替え版キャストを務めているが、宮川は仲間入りに対して「それは嬉しいですよ!」。「小杉も標準語(の演技)でしょ? 楽しみで仕方ないですね。苦労したんやろうな! 僕もしたよ!(笑)」と仲間をたたえている。

  「アントマン&ワスプ」は、ポール・ラッドエバンジェリン・リリーマイケル・ダグラスマイケル・ペーニャミシェル・ファイファーローレンス・フィッシュバーンらが出演。8月31日から全国公開。

(C)Marvel Studios 2018
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2018/7/20のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 5/23更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月20日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.