映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2018年7月2日
◆2018/7/2更新
徳永えり、女の浮気心を生々しく描く「恋のツキ」で連続ドラマ初主演!
“目先の結婚”と“焦がれる ような恋”に揺れる!
  女優の徳永えりが、テレビ東京とNetflixがタッグを組んだ木曜深夜ドラマ枠「木ドラ25」の第6弾作品「恋のツキ」で連続ドラマ初主演を飾ることがわかった。"目先の結婚"と"焦がれるような恋"に揺れる31歳のフリーター役に、体当たり演技で挑戦する。

  「このマンガがすごい!2015」にランクインした「あそびあい」で知られる新鋭・新田章氏が、"女の浮気心"を生々しく描き出した同名漫画(講談社「モーニング・ツー」で連載中)が原作。映画館でアルバイトをしている平ワコ(徳永)は、恋人・ふうくんと付き合って4年、同棲を始めて3年目に突入。付き合った当初のトキメキは感じられないが、31歳という年齢を考えると別れるという選択肢は考えられなかった。そんな日々のなか、見た目がタイプで趣味が合いそうな高校生・伊古ユメアキと知り合ったワコは、欲望に負けて浮気をしてしまう。

  2004年に女優デビューを果たし、仲代達矢と共演した「春との旅」では毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を獲得した徳永。NHK連続テレビ小説「わろてんか」のトキ役の好演で注目を集め、その後「デイジー・ラック」「ヘッドハンター」「健康で文化的な最低限度の生活」といったドラマに参加してきた。

  リアルなアラサー女性のSEX、恋愛、結婚、出産、仕事を体現することになった徳永は「今回私が演じる平ワコの中には、理屈ではないどうしようもない何かが沢山芽生えます。それはとても苦しくヒリヒリと痛いものですが、その感情から逃げずに自分自身で受け入れ、ありのままを芝居でさらけ出したいと思います」と意欲十分。「きっと皆さんの中にも、ワコのカケラはあるはず。幸せを追い求めた先に何が待っているのか、見守っていただけたら幸いです」と思いの丈を述べている。

  一方、原作者の新田氏は「映画館のシーンなど、実際、映像で見せてもらえるのが、とても楽しみです」と胸中を吐露。「漫画はまだ連載中なので、ドラマはドラマなりの見せ方や流れや終わり方があると思います。どちらも楽しんでいただけたら本望です!」とコメントを寄せている。

  「恋のツキ」は、森義仁、酒井麻衣松本花奈桑島憲司が演出を務め、高田亮、ペヤンヌマキ、大江崇允が脚本を担当。7月26日からテレビ東京系の「木ドラ25」枠で、毎週木曜深夜1時に放送。BSジャパンでは、7月31日から毎週火曜深夜0時から放送され、Netflixでは、11月30日に全話を全世界同時配信。

(C)新田章/講談社 (C)「恋のツキ」製作委員会
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2018/7/2のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 7/16更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月2日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.