映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2018年5月16日
◆2018/5/16更新
西加奈子原作「まく子」が映画化 主演は14歳・山崎光、ダメ父役に草なぎ剛
草なぎ剛の万感コメントも
  直木賞作家・西加奈子氏による小説「まく子」が映画化されることになり、14歳の新鋭・山崎光が主演し、草なぎ剛が父親役で共演することがわかった。草なぎは「子どもから『お父さんしっかりしろよ』と言われてしまう、そんな父親です。僕もちょうど山崎くんと同じくらいの時に仕事を始めているので、当時の事を思い出し、その時感じていた事は今も感じているのかなと考えたりしました」とコメントを寄せている。

  物語は、小さな温泉街に住む小学5年生の男子・慧が、不思議な魅力をもつ美少女転入生・コズエと出会うことから始まる。慧は、コズエの秘密を知ることで、今まで見てきた日常が優しく塗りかえられていき、ほんの少しだけ大人へと近づいていく。

  2010年に「ちょんまげぷりん」で映画デビューを果たし、以後「ツナグ」「真夏の方程式」などに出演した中学3年生・山崎が、今作で映画初主演。「初めて台本を読んだ時、慧は思春期で子供から大人になってく過程での複雑な気持ちを表現するのが難しいと思ったのですが、実際ぼくも今、同じような境遇で、慧と重なるところが多く演じやすかったです」と明かし、「撮影も順調に進み、お天気にも恵まれたので無事予定通り終わることができました。撮影中は、少し恥ずかしいシーンもあり、緊張もしましたが、自分なりに上手く演じることができたと思います。最後のシーンが終わり、監督からのOKの声を聞いて、ホッとしたのと同時に、撮影が終わってしまった寂しさがこみ上げてきました」と、座長として現場を振り返っている。

  一方で「クソ野郎と美しき世界」に続き、独立後2作目の映画となった草なぎ。「この年になっても、緊張したりもするし、人と比べてしまったりもするし、年をとってもそういう気持ちはなくならないなあと思い、でも今回『まく子』に出演させていただき、それはむしろ素敵なことなんだなあと感じました」と述べ、今作を「誰しも持っている、どうしても失ってしまう大事な感情、想いを、もう一度取り戻してくれる作品です。僕たちの前にいきなり出てきて、花火の様に僕らの日常を映してくれて、『あいつ、バカだなあ』って笑いながら、幸せをまいてくれる、この映画も、みなさんにとってそんな存在になる映画だと嬉しいです」とアピールしている。

  メガホンをとるのは、「くじらのまち」が第63回ベルリン国際映画祭などで高い評価を得た鶴岡慧子監督。「RADWIMPS」の楽曲「狭心症」MVに出演した13歳・新音がコズエ役、現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」で存在感を見せる須藤理彩が慧の母役に扮している。「まく子」は、3月末〜4月上旬に撮影が行われ、2019年に公開予定。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2018/5/16のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 12/15更新
公開スケジュール
予告編・動画 12/15更新
ソ興行ランキング
ソ注目作品ランキング
P映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月16日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.