映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2017年12月7日
◆2017/12/7更新
桐谷美玲、白目むいて寝落ち… 目撃した清原翔「白目すらかわいかった」
白目もかわいい!?
  桐谷美玲の主演最新作「リベンジgirl」の完成披露試写会が12月7日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、桐谷をはじめ共演の鈴木伸之清原翔竹内愛紗佐津川愛美、メガホンをとった三木康一郎監督が舞台挨拶に出席した。

  東大主席でミスキャンパスという完璧な人生を歩んできたが、実は性格ブスな主人公・宝石美輝(桐谷)が、自分をふった政治家一家の御曹司・裕雅(清原)を見返すため、女性初の総理大臣を目指す姿を描く。約2年ぶりに映画主演を飾った桐谷は、「10月29日にクランクアップ。つい1カ月前まで撮影していたので、この日を迎えられて嬉しく思っています」と笑顔をはじけさせた。

  ほぼ全てのシーンでカメラの前に立ったという桐谷は、撮影中は疲れからか「白目をむいて寝てしまった」と告白。「タイトなスケジュールだったので、ソファがあった時に寝ちゃった。そこを清原くんに見られて……」と恥ずかしそうに振り返ると、清原は「白目すらもかわいかったです。写メ撮っておけばよかった」とデレデレだった。

  男性陣は桐谷の美ぼうに骨抜きにされていたようで、三木監督は「桐谷さんと最初に会った時に、すごくかわいいと思った。撮影中もかわいいと思っていた」と目尻を下げる。さらに鈴木も「桐谷さん、この映画のなかで47着の衣装を着ていて、どれも似合う。最強です。なかでも僕が好きなのは、白いライダース。商店街で一瞬だけ着ているんですが『かわいい』と思っていました」とニヤケ顔を見せ、場内の笑いを誘った。

  また、人生のターニングポイントを問われた桐谷は「事務所にスカウトされたこと。15歳、高校1年生の夏に、私の携帯電話に突然、電話がかかってくるという、特殊なスカウトでした。びっくりしましたし、めちゃくちゃ怪しいと思いました(笑)。皆さん、突然の電話には気をつけてください」とユニークな回答。クリスマスの思い出は「小学生の時、サンタさんがスーパーファミコンをくれたんです。そこから私のゲーム人生が始まりました。休みの日は家に引きこもって、ずっとゲームしていますから」と明かし、一方の鈴木は「かなり前の話ですが、クリスマスイブに当時お付き合いしていた彼女とイルミネーションを見に行きました。めちゃくちゃ混んでいて、そこでケンカになり別れてしまった。それ以来、クリスマスにイルミネーションを1回も見に行っていません」と赤裸々に語っていた。

  「リベンジgirl」は、12月23日から全国で公開。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2017/12/7のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 12/18更新
公開スケジュール
予告編・動画 12/18更新
ソ興行ランキング
ソ注目作品ランキング
P映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
試写会・プレゼント
マイページ
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月7日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.