映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
携帯(フューチャーフォン)サイト終了のお知らせ
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2019年5月29日
◆2019/5/29更新
ショートショートフィルムフェスティバル2019が開幕 EXILE AKIRA、佐藤大樹、木村佳乃ら登場
EXILE AKIRA&佐藤大樹&木村佳乃が式典に登壇!
  米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)2019」が5月29日に開幕し、東京・渋谷ヒカリエホールでオープニングセレモニーが行われた。会場内にはレッドカーペットが敷かれ、同映画祭代表の別所哲也、フェスティバルアンバサダーのLiLiCoら多彩なゲストやプレゼンターが登場した。

  同映画祭とLDH JAPANがコラボレーションする「CINEMA FIGHTERS project」は今年で第3弾を迎える。スペシャルスクリーニングも行われ、出演するEXILE AKIRA佐藤大樹が登壇。三池崇史監督とタッグを組むAKIRAは、「三池監督の新しい一面と世界観を体験できた」と作品に対する思いの丈を打ち明け、「クリスタル・ケイさんの楽曲を基に映画を制作しましたが、ミュージックビデオとも違う短編映画として成立している」と自信をにじませた。

  佐藤は寡黙な高校生に扮しており、「自分の父親世代の方々は、『こういう時代があった』『こういうやついたな』と共感できると思う。"ファンタスティック"な演出もあり、演じがいのある作品でした」とにっこり。別所が「しっかり、ファンタスティックを絡めたね(笑)」と合いの手を入れると、佐藤は「自分のグループ名を、さり気なく」とはにかんでいた。

  CINEMA FIGHTERS projectは、音楽からインスパイアされた短編映画を制作。過去には岩田剛典らLDHの面々が多数出演してきただけに、初参加の佐藤は「出演が決まった瞬間、本当に嬉しかった」と大喜びだ。役作りのポイントは「今まで明るい役が多かったですが、物静かでセリフが少ない役だったので、表情で見せないと、と苦労しましたね」と語り、「自分はすごく喋りたいタイプ。真逆だったので、難しい役でした」と明かしていた。

  さらに「AKIRAさんの作品が、僕が見てきた『CINEMA FIGHTERS』のなかで、一番刺さっています! AKIRAさんの絶妙な間合いや表情。見終わったあとに切ないんですが、物語を2つ見たように感じるんです。ものすごくオススメします」と最敬礼。これにはAKIRAも、「やはり後輩に優しくすると、いいことがありますね。これからも大樹に優しくしていこうと思います」と笑っていた。

  また、女性クリエイターを支援する「Ladies for Cinema Project」のプロジェクトプレゼンターは、女優の木村佳乃が務める。木村は作品選定も担っており、「多くの作品を鑑賞しました。国籍や宗教など(各作品で)異なりはありますが、女性が抱えるさまざまな問題が発見できました。私たちとすごく近い文化を持っている国でも、全然違う問題があったり、一方で同じような悩みがあったり。本当に勉強になりました」と振り返っていた。

  「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)2019」は、6月16日まで開催。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2019/5/29のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 11/20更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月29日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.