映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2019年5月10日
◆2019/5/10更新
米津玄師の主題歌が初お披露目! 圧倒的映像美で描く「海獣の子供」新予告編完成
場面写真も一挙公開!
  人気漫画家・五十嵐大介氏の初の長編作品を劇場アニメ化した「海獣の子供」の第2弾予告編(https://youtu.be/QYMBF4yNOLM)が公開され、米津玄師の単独初となる映画主題歌「海の幽霊」がお披露目となった。米津の声が響き渡る映像のクライマックスには、主人公・琉花を飲みこむ巨大なザトウクジラが映し出され、壮大な物語への期待が高まる映像に仕上がっている。

  第31回日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞受賞作「鉄コン筋クリート」を手掛け、ハイエッジな映像表現で世界から注目を浴びるSTUDIO4℃がアニメ制作を担う本作。学校でも家庭でも居場所をなくした中学生の少女・琉花が、海と空という不思議な兄弟に出会い、海に宿る生命の秘密に触れていく海洋冒険物語を紡ぐ。芦田愛菜が琉花、石橋陽彩が海、浦上晟周が空の声を務めているほか、森崎ウィン稲垣吾郎蒼井優渡辺徹田中泯富司純子が声の出演を果たしている。

単独では初の映画主題歌「海の幽霊」を 書き下ろした米津玄師
  予告編では、水族館のきらめく水槽の前にたたずむ琉花をはじめ、海の生き物たちと泳ぐ純真無垢な海、何もかも見透かしたような眼差しを浮かべる空、「僕たちは何も見えていないのと同じだ」とつぶやく海洋学者アングラードら個性的なキャラクターたちを活写。そして「命の祭りが、始まる」という言葉をきっかけに、体の異変に襲われる琉花の姿や、夜空から光り輝く流星が落ちる様子など、圧倒的な映像美で不思議な現象が描き出されていく。

  本作のために主題歌を書き下ろした米津は、10代の頃から原作に惚れこんでいたという。「海の幽霊」の「大切なことは言葉にならない」という歌詞は、「一番大切な約束は、言葉では交わさない」という映画のキャッチコピーとも響き合い、切なくも美しいメロディにのせた米津の歌声が「命の物語」を力強く彩っている。

  「海獣の子供」は、6月7日から全国で公開。

(C)2019 五十嵐大介・小学館/ 「海獣の子供」製作委員会
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2019/5/10のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 6/18更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月10日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.