映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2019年5月8日
◆2019/5/8更新
タランティーノ新作、カンヌ映画祭コンペ部門に選出!
日本公開は8月30日
  レオナルド・ディカプリオブラッド・ピットという2大スターが共演することで注目を集めている、クエンティン・タランティーノ監督の9本目の最新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」が、5月14日に開幕する第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式に出品されることが決定した。

  4月18日に行われた同映画祭ラインナップ発表では本作のタイトルはなかったが、このほど正式に追加された。タランティーノは1994年に「パルプ・フィクション」でパルムドールを受賞。2004年には同映画祭の審査委員長を務めているが、コンペ部門出品は「イングロリアス・バスターズ」以来10年ぶり3度目。タランティーノは本作製作当初からカンヌのコンペを念頭に入れていたとのことで、再びパルムドール受賞なるかが注目される。

  本作の舞台は、1969年の米ロサンゼルス。タランティーノが、自身の育った当時のハリウッド、失われてしまったハリウッドという黄金時代の最後の瞬間を、郷愁とリスペクトを込め、5年の歳月を費やして脚本を執筆した。15年の「ヘイトフル・エイト」から4年ぶりの新作。ディカプリオがハリウッドで再び栄光を取り戻そうとしている落ち目の俳優リック・ダルトンを演じ、ピットがダルトンのスタントマンを長年にわたり務めてきたクリフ・ブースを演じる。シャロン・テート役としてマーゴット・ロビーが共演している。

  そのほか、先日急逝した「ビバリーヒルズ高校白書」のルーク・ペリーをはじめ、アル・パチーノブルース・ダーンらハリウッドの重鎮、ダコタ・ファニングジェームズ・マースデンティム・ロスマイケル・マドセンカート・ラッセルティモシー・オリファントダミアン・ルイスらが脇を固める。

  「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」は、8月30日から全国公開。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2019/5/8のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 6/25更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月8日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.