映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2019年4月10日
◆2019/4/10更新
「麻雀放浪記2020」白石和彌監督、原作者命日に夫人と劇場公開を報告
阿佐田哲也氏が眠る谷中墓地を訪れた
  阿佐田哲也氏のベストセラー小説を斎藤工主演、白石和彌監督のメガホンで35年ぶりに再映画化し、4月5日に公開を迎えた「麻雀放浪記2020」。阿佐田氏(色川武大氏)の命日である本日4月10日、白石監督が阿佐田氏の夫人・孝子さんと墓参りし、映画の公開を報告した。

  1984年に和田誠監督が映像化した映画「麻雀放浪記」の大ファンである斎藤が、10年の歳月をかけて再映画化を熱望し、念願がかなって実現した今作は、主人公が1945年から東京オリンピックが中止になった2020年にタイムスリップするという設定で注目を集めるとともに、出演者のピエール瀧が麻薬取締法違反の疑いで逮捕され、公開可否の協議がなされたことも話題となった。

  白石監督は「工くんからお話を頂き、初日を迎えられて感無量です」としみじみ。孝子夫人は「実に長い10年でした。泣いたり怒鳴ったり、工さんに怒鳴ったりしたことも。でも彼の熱意が伝わる作品になった」と映画の完成と公開を感慨深げに振り返った。

画像2
  また、孝子夫人は「どんな作品でも賛否があると思う。でも『孤狼の血』を見たらびっくりして、とても評価したと思う。(阿佐田氏が)存命だったら、若くて明るい白石監督を好きになって、対談をしたりお酒を飲みに行ったりするんじゃないかしら」と白石監督の手腕を称えた。斎藤については「単なるイケメンではなくて中身のある男性」と評し、「ベッキーさんも、お目にかかってお話したら大ファンになった。私は小学生の頃から巨人ファンなんです」と出演者との交流の思い出話に花を咲かせていた。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2019/4/10のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 10/20更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月10日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.