映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2019年3月15日
◆2019/3/15更新
岡田准一、時給800円の男… 実写「ファブル」主人公の魅力あふれる特別映像披露
「プロフェッショナル」風の特別映像
  南勝久氏による人気漫画を岡田准一主演で実写化する「ザ・ファブル」の特別映像(https://youtu.be/SnenaHAc41g)が、このほど披露された。殺し屋を休業し一般人として大阪で生活を始めた"ファブル"こと佐藤アキラ(岡田)が、デザイン会社でアルバイト(時給800円)する様子を、NHKの人気番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」風にとらえている。

  単行本累計部数320万部突破し、2017年の講談社漫画賞(一般部門)を受賞した漫画を実写化。裏社会で「天才的な殺し屋」として暗躍し、"寓話"を意味する英語「ファブル」のあだ名で恐れられる主人公が、「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る。殺しは禁止」というミッションに挑む様子を、コミカルかつシリアスに描く。数種の武術・格闘技インストラクター資格を持つ岡田がファブル/アキラに扮し、木村文乃佐藤浩市山本美月福士蒼汰安田顕柳楽優弥向井理佐藤二朗宮川大輔藤森慎吾ら豪華キャストが共演している。

  映像は、幼いころから殺し屋として生活してきたことから、"普通"がわからないアキラが仕事する姿を映し出す。チラシ用のイラストを描き、同僚のミサキ(山本)や社長の田高田(佐藤)にひょうひょうと「ライオンや」「シマウマや」「飼育員や」と説明。ド下手ではあるが、そのタッチはどこか温かみとユーモアを備えており、「採用! これでチラシ進めよ。佐藤、おまえ時給100円アップや」と、アキラは"時給900円の男"に昇格していく。

  「ザ・ファブル」は、6月21日から全国公開。

(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2019/3/15のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 3/26更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月15日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.