映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2019年3月14日
◆2019/3/14更新
「長いお別れ」場面写真公開 山崎努×蒼井優×竹内結子×松原智恵子の家族ショットも
認知症を患った父を見守る家族の7年間の物語
  中野量太監督(「湯を沸かすほどの熱い愛」「浅田家(仮)」)が、直木賞作家・中島京子氏の小説を映画化する「長いお別れ」の場面写真が公開された。認知症を患った父を演じる山崎努と、献身的に支える家族を体現した蒼井優竹内結子松原智恵子の姿があたたかく切り取られている。

  ゆっくりと遠ざかるように少しずつ記憶を失くしていく様子から、アメリカでは「Long Goodbye(長いお別れ)」とも表現される認知症。厚生労働省によると、近い将来には65歳以上の5分の1が発症するとも言われている。身近な存在となった認知症を題材にした本作は、日々"父"でも"夫"でもなくなっていく男を見守る家族の7年間を、優しさとユーモアたっぷりに描く。

  元中学校校長の厳格な父・東昇平(山崎)の70歳の誕生日。母・曜子(松原)は久しぶりに帰省した娘の麻里(竹内)と芙美(蒼井)に、父が認知症になったという衝撃の事実を伝える。それぞれ人生の岐路に立たされていた姉妹は、思いもよらない出来事の連続に驚きながらも、やがて変わらない父の愛情に気付く。

  場面写真では、昇平の誕生日を祝い、カラフルなパーティ帽をかぶった家族の笑顔をとらえている。土手に並んだ昇平、芙美の恋人・道彦(中村倫也)、麻里の息子・崇(蒲田優惟人)がアイスを食べる穏やかなシーンや、麻里と夫・新(北村有起哉)の夫婦での2ショットも。さらに縁側でクッキーを頬張る昇平を切なげに見つめる芙美の眼差しや、古いアルバムを前に語り合う曜子と麻里の姿から、家族の強いきずなを感じさせるビジュアルとなった。

  「長いお別れ」は、5月31日から全国で公開。

(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2019/3/14のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 5/22更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月14日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.