映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2019年3月9日
◆2019/3/9更新
中井貴一×佐々木蔵之介の"開運お宝コメディ"「嘘八百」続編に加藤雅也&竜雷太&山田裕貴
豪華キャスト陣が続々決定
  中井貴一佐々木蔵之介がダブル主演を務め、広末涼子がマドンナ役で共演するコメディ「嘘八百 続編」の豪華キャスト陣が発表された。友近森川葵前野朋哉らが前作から続投し、新たに加藤雅也竜雷太山田裕貴らが出演する。

  イカサマ古物商の小池則夫(中井)と落ちぶれた陶芸家の野田佐輔(佐々木)が一攫千金を狙うさまを描いた「嘘八百」は、強欲うずまく抱腹絶倒の騙し合いと、二転三転する巧妙なストーリーが話題を呼び、スマッシュヒットを記録した。続編となる本作では、2人が京都から大阪・堺をまたにかけ、"天下一"と称された武将茶人・古田織部の幻の茶器をめぐり奮闘。武正晴監督と、オリジナル脚本を手掛ける今井雅子足立紳のコンビが再びタッグを組み、パワーアップした"開運お宝コメディ"を紡ぐ。

  引き続き「嘘八百」の世界を盛り上げるのは、佐輔の妻・康子役の友近、則夫の娘・いまり役の森川、佐輔の息子・誠治役の前野。則夫と佐輔に協力する飲み屋「土竜」チームの坂田利夫木下ほうか宇野祥平をはじめ、学芸員役の塚地武雅、文化庁の役人役の桂雀々ら個性豊かな面々が再結集した。

  初参戦となる加藤は古美術店「京都嵐山堂」の主人・嵐山直矢、竜は大御所鑑定家・億野万蔵、山田は"陶芸王子"として人気を博す若手陶芸家・牧野慶太を演じる。吹越満坂田聡冨手麻妙が幻のお宝をめぐる大騒動を取材するテレビ番組のスタッフ役を担うほか、山田雅人が「京都嵐山堂」の番頭、国広富之が着物美人・志野(広末)の父親に扮する。

  「嘘八百 続編」は、2020年1月から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開。

(C)2020「嘘八百」製作委員会
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2019/3/9のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 5/23更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月9日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.