映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
携帯(フューチャーフォン)サイト終了のお知らせ
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2019年3月9日
◆2019/3/9更新
仏では10万人動員!斎藤工主演「家族のレシピ」がついに日本に"到着"
舞台挨拶を盛り上げた斎藤工ら
  日仏シンガポール合作映画「家族のレシピ」の初日舞台挨拶が3月9日、東京・シネマート新宿で行われ、主演の斎藤工をはじめ、伊原剛志別所哲也が出席した。

  群馬県高崎市でラーメン店を営む真人(斎藤)は、亡き父・和男が残した古いノートを手がかりに、母の故郷で自身も10歳まで過ごしたシンガポールへと旅立つ。現地のソウルフード・肉骨茶の店を営む叔父と再会し、真人は知られざる家族の歴史と向き合う。監督は長編アニメ「TATSUMI マンガに革命を起こした男」を手がけたエリック・クー。伊原が和男、別所がその弟・明男を演じる。

  全国86スクリーンで封切り。すでに世界40カ国で公開されており、フランスでは10万人を動員するスマッシュヒットを記録している。そんな本作の封切りに、斎藤は「(日本での)公開までに2年の月日がかかりましたが、世界各地を旅した作品が、ついに日本に到着しました」と感無量の面持ち。「これほど自然にカメラの前に立てたのは初めて。自分にとっても大切な作品」と思いのたけを語った。

  「工くんの父親を演じました。こうして並ぶと、兄弟みたいですが」とおどけて見せたのは伊原。斎藤とは「愛と誠」で同級生役を演じたほか、医療ドラマでは先輩後輩、そして本作で"親子"として共演しており、「不思議な縁を感じる。じゃあ、次は恋人役?」(伊原)、「ええ、一択ですね」(斎藤)と丁々発止のやりとりを披露した。

  一方、別所は自身が主催する「ショート・ショート・フィルム・フェスティバル&アジア」がきっかけで、斎藤の監督デビューを後押しした経緯もあり「出会いがつながった作品。今後も国境を越え、いろんな人たちが垣根を超えて、ものづくりできる環境になれば」と話していた。

  舞台挨拶では、シンガポール在住のフードブロガー・美樹を演じる松田聖子からVTRメッセージが届いた。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2019/3/9のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 11/12更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月9日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.