映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2019年3月3日
◆2019/3/3更新
「午前十時の映画祭10 - FINAL」 初上映作品を含む豪華27本をラインナップ
オープニングを飾るのは 「未知との遭遇 ファイナル・カット版」
  名作映画を劇場で再上映する「午前十時の映画祭10 - FINAL」の全27本に及ぶ豪華ラインナップが発表された。オープニング作品「未知との遭遇 ファイナル・カット版」をはじめ、「ベニスに死す」「時計じかけのオレンジ」など新規セレクト作品から、ファンからのリクエストが多かったアンコール作品まで、様々な映画の上映が予定されている。

  2010年2月からスタートした同映画祭は、映画ファンからの支持を集め、累計観客動員数が436万1515人(2月10日時点)を記録。10回目という節目にしてファイナルとなる今回は、初上映作品11本と、アンコール作品16本を予定している。

  初めてラインナップされたのは、スティーブン・スピルバーグ監督の「未知との遭遇 ファイナル・カット版」「ジョーズ」のほか、ルキノ・ビスコンティ監督の「ベニスに死す」、スタンリー・キューブリック監督の「時計じかけのオレンジ」、さらに「ブルース・ブラザース」「愛と青春の旅だち」「ダンス・ウィズ・ウルブズ」「テルマ&ルイーズ」「レオン 完全版」という豪華作品群。邦画は「日本のいちばん長い日(1967)」「八甲田山」の4Kデジタルリマスター版が選ばれている。

  アンコール作品としては、「風と共に去りぬ」「ローマの休日」「アラビアのロレンス 完全版」「ゴッドファーザー」「砂の器」「七人の侍」(4Kデジタルリマスター版)などをラインナップ。クロージングを飾る「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズは、3部作が3週連続で一挙上映される。

  「午前十時の映画祭10 - FINAL」は、4月5日から約1年にわたり、全国58館で開催される。入場料金は一般1100円、学生500円。ファンによるリクエスト投票の結果、上映スケジュール、上映作品の詳細などは映画祭公式サイト(http://asa10.eiga.com/)で確認できる。

(C)1977, renewed 2005, (C)1980, 1998 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2019/3/3のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 4/25更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月3日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.