映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2019年2月20日
◆2019/2/20更新
ディズニーのダークヒーロー誕生! K・ブラナー監督作「アルテミスと妖精の身代金」
魔法とハイテクノロジーを駆使する妖精たちとの頭脳戦
  全世界発行部数2500万部を突破したSFファンタジー小説を、ウォルト・ディズニーが映画化する「Artemis Fowl」が、「アルテミスと妖精の身代金」の邦題で2019年の秋に日本で公開されることが決定した。「マイティ・ソー」「オリエント急行殺人事件」を手掛けたケネス・ブラナーがメガホンをとり、ディズニー作品では珍しい"ダーク・ヒーロー"の物語を紡ぐ。

  アイルランドの作家オーエン・コルファーによる大ベストセラー「アルテミス・ファウル」シリーズが原作。伝説的な犯罪一家に育った12歳の天才少年アルテミス・ファウル2世と、魔法とハイテクノロジーを駆使する妖精たちとの戦いを描いた。01年の刊行開始当初は3部作の予定だったが、人気に火がつき増刊となり、12年に発表された第8巻「Artemis Fowl: The Last Guardian」で完結を迎えた。40カ国以上で翻訳され、世界中で人気を博している。

  ある日、アルテミスのもとにかかってきた1本の電話。それは行方不明の父親を誘拐したと語る犯人からのもので、身代金として1トンに及ぶ"フェアリー・ゴールド"を要求されてしまう。アルテミスは父親を取り戻すため、天才的な頭脳を武器に妖精たちの財産強奪を企てる。

  「ヘンリー五世」(1990)で第62回アカデミー賞の監督賞と主演男優賞にノミネートされた経歴を持つブラナー。「マリリン 7日間の恋」「ダンケルク」で俳優として活躍しながら、「エージェント:ライアン」など監督としてのキャリアも積み上げており、本作では「シンデレラ」に続き再びディズニーとタッグを組んだ。

  あわせて、サングラスの奥で不敵にほほ笑むアルテミスの姿が浮かび上がるティザービジュアルもお披露目。「アルテミスと妖精の身代金」は、アメリカで8月から、日本で秋から公開される。

(C)2019 Disney Enterprises, Inc.
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2019/2/20のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 10/22更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月20日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.