映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2019年1月11日
◆2019/1/11更新
命を懸けて煙害と戦った若者たちの実話 「ある町の高い煙突」6月公開決定
茨城・日立鉱山の煙害を巡る実話を映画化
  昭和の文豪・新田次郎の小説を映画化した「ある町の高い煙突」が、6月から公開されることが決定し、井手麻渡、渡辺大小島梨里杏吉川晃司仲代達矢ら主要キャストが集ったキービジュアルと場面写真がお披露目された。

  「ある町の高い煙突」は、茨城・日立鉱山の煙害による大気汚染に苦しんだ地元住民、国策として休むことなく稼働し続ける鉱山を巡る実話をベースにした物語。煙害を防ぐために、世界一の大煙突建設の悲願を達成する為に奔走した若者たちと、それに向き合った鉱山会社の努力と精神――地球規模での環境問題が深刻化し、CSR(企業の社会的責任)が重要視されるようになった今だからこそ響くストーリーが紡がれる。「天心」「サクラ花 桜花最期の特攻」の松村克弥監督がメガホンをとっている。

  1910年、茨城県久慈郡入四間の裕福な地主の家に生まれ育った関根三郎(井手)は、隣村の日立鉱山による煙害が発生しているという話を耳にする。村の権力者である三郎の祖父・兵馬(仲代)は事態を重く見て、鉱山会社へ話し合いに行くが、「補償はするが煙害は我慢してくれ」と一方的だった。やがて兵馬は三郎に対して、30年前に村長として採掘権を許可したのは自分だと告げ、その5日後に亡くなってしまう。三郎は祖父の遺志を継ぎ、進学も外交官になる夢も捨て、煙害と闘うことを決意する。

  お披露目されたキービジュアルは、100年以上前、当時高さ世界一を目指して建設された日立鉱山の大煙突が描かれ、地元住民の代表として奔走する三郎、住民と対峙しながらも解決の道をさぐる日立鉱山の担当課長・加屋淳平(渡辺)、三郎と淡い想いを寄せあう加屋の妹・千穂(小島)、日立鉱山の社長・木原吉之助(吉川)、三郎の祖父・兵馬(仲代)の姿を活写。一方、場面写真では、三郎と淳平が固い握手を交わす光景に加え、困難を乗り越えるべく奮闘する人々の様子を切りとっている。

  「ある町の高い煙突」には、大和田伸也が友情出演し、小林綾子渡辺裕之六平直政伊嵜充則石井正則螢雪次朗斎藤洋介遠山景織子篠原篤城之内正明大和田健介たくみ稜も参加している。6月から東京・有楽町スバル座ほか全国順次公開。

(C)2019 Kムーブ
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2019/1/11のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 1/22更新
公開スケジュール
予告編・動画 1/22更新
ソ興行ランキング
ソ注目作品ランキング
P映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月11日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.