映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2018年12月29日
◆2018/12/29更新
制覇するには何分かかる? 年末年始で見ておきたいシリーズ作品10選
“総尺”を調査しました!
  平成最後のお正月まであとわずか。皆さんの予定は既に決まっていますか? 映画.comが提案したいのは、結局見れないままだった、もしくは途中で挫折してしまったシリーズ作品の一気見です。ご紹介するのは、誰もが知る有名なシリーズ作品ばかり。指標となる"総尺"も調査したので、予定を組み立てる際の参考にしてみてください!

  ▽「ゴッドファーザー」シリーズ 約539分(8時間59分)
第1作は第45回アカデミー賞3冠、第2作は第47回アカデミー賞6冠に輝き、その後16年の時を経て完結編が製作されたフランシス・フォード・コッポラ監督の傑作。暗黒街に君臨するマフィアのファミリーの半世紀に及ぶ年代記は、わずか半日で鑑賞可能です。ワイナリーのオーナーでもあるコッポラ監督。彼が手がけた芳醇なワインを片手に、重厚な世界観に浸ってみてはいかがでしょうか。

「ミッション:インポッシブル フォールアウト」 (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  ▽「ミッション:インポッシブル」シリーズ 約774分(12時間54分)
トム・クルーズ主演の人気スパイアクションは、現在第6作(「ミッション:インポッシブル フォールアウト」)まで製作されています。ガジェットの進化、スケールアップしていくミッションの内容は勿論のこと、注目してほしいのはトムの"生身&捨て身アクション"。シリーズを重ねるごとに、どんどんと更新されていく"限界"を全て見届けていただきたい!

  ▽「猿の惑星」シリーズ 約972分(16時間12分)
チャールトン・ヘストン主演「猿の惑星」から始まるオリジナル・シリーズ全5作、ティム・バートン版「PLANET OF THE APES 猿の惑星」、プリクエル(前章)となる「創世記(ジェネシス)」「新世紀(ライジング)」「聖戦記(グレート・ウォー)」の尺を合算。猿と人類の壮大な闘い――頑張れば、丸1日で全歴史を目撃することができますね。

「ホビット 思いがけない冒険」 (C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.
  ▽「ロード・オブ・ザ・リング」+「ホビット」 約1033分(17時間13分)
J・R・R・トールキンの「指輪物語」「ホビットの冒険」を、ピーター・ジャクソン監督が実写映画化(全6作)。「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」は、第76回アカデミー賞で作品賞をはじめ11部門を総なめ。これは「ベン・ハー(1959)」「タイタニック(1997)」に並ぶ史上最多受賞の快挙でした。ちなみにカットされたシーンや追加編集されたシーンを追加したエクステンデッド版も存在しているので、劇場公開版との違いを楽しむのも◎。

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」 (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  ▽「スター・ウォーズ」シリーズ 約1082分(18時間2分)
78年「スター・ウォーズ」からの旧3部作、「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」から描かれた新3部作、新世代を軸にした「スター・ウォーズ フォースの覚醒」「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」の総尺。2019年にお披露目される「スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」を目撃する前に復習しておきませんか? ちなみにCGアニメ「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」は98分、「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」は134分、「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」は135分!

  ▽「ハリー・ポッター」+「ファンタスティック・ビースト」シリーズ 約1447分(24時間7分)
年末年始どこにも行けそうにない方は、おウチにいながら「ハリー・ポッター魔法ワールド」へ行ってみてはいかがでしょう? "ポッタリアン""ファンタビスト"に生まれ変わるチャンスです。「ファンタスティック・ビースト3(仮題)」の全米公開が、20年11月20日予定なので、未見の方はまだまだ追いつけますよ。

「釣りバカ日誌20 ファイナル」 (C)松竹株式会社
  ▽「釣りバカ日誌」シリーズ 約2344分(39時間4分)
88年にスタートした同シリーズは、全22作が製作されました(特別版2作を含む)。"ハマちゃん&スーさん"を演じた西田敏行三國連太郎さんが築き上げた22年間の歴史――"初笑い"にはうってつけの作品ばかりです。第1作「釣りバカ日誌」の釣果はクロダイ、ヒラメ、シロギス、そして完結編「釣りバカ日誌20 ファイナル」では、ニジマス、オショロコマ、ヤマベ、イワナ、幻のイトウでした。

  ▽「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」 約2565分(42時間45分)
フェイズ1(「アイアンマン」→「アベンジャーズ」)、フェイズ2(「アイアンマン3」→「アントマン」)、フェイズ3(「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」→「アントマン&ワスプ」)までを総まとめ(短編&ドラマシリーズを除く)。19年は、MCUの展開が加速する1年。フェイズ3の「キャプテン・マーベル」(19年3月15日)、「アベンジャーズ エンドゲーム」(19年4月26日)そして、フェイズ4「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」(19年内公開)と盛りだくさんなので、早めのご鑑賞を!

「007 スペクター」
  ▽「007」シリーズ 約3046分(50時間46分)
ショーン・コネリー(初代)、ジョージ・レーゼンビー(2代目)、ロジャー・ムーア(3代目)、ティモシー・ダルトン(4代目)、ピアース・ブロスナン(5代目)、ダニエル・クレイグ(6代目)――歴代ボンドそれぞれの魅力を一気に味わうのもありです。ツウ好みの方は、ピーター・セラーズが出演した「007/カジノ・ロワイヤル(1967)」(131分)にも手を出してみてください。鑑賞のお供には、ステアせずにシェイクしたマティーニをどうぞ。

「男はつらいよ50 おかえり、寅さん(仮題)」 (C)松竹株式会社
  ▽「男はつらいよ」シリーズ(特別篇を除く) 約4886分(81時間26分)
第1作「男はつらいよ」が封切られたのは、1969年8月27日のこと。全48作品に加え、主演・渥美清さんの死後、第25作をベースにシリーズの名場面や新撮映像を盛り込んだ「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」(106分)が製作されました。同シリーズの魅力のひとつは、昭和から平成にかけて徐々に変化を遂げていく"風景"が収められていること。正月三が日、不眠不休を貫けば、全作品鑑賞も不可能ではありません。22年ぶりに製作される新作「男はつらいよ50 おかえり、寅さん(仮)」は、19年12月27日に全国公開予定。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2018/12/29のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 10/19更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月29日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.