映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2018年12月7日
◆2018/12/7更新
米GG賞 C・ベール主演「バイス」最多6ノミネート 「万引き家族」「未来のミライ」も
最多6ノミネートを果たした「バイス」
  ハリウッド外国人映画記者クラブ(HFPA)の会員投票によって選出される、第76回ゴールデングローブ賞のノミネーションが12月6日(現地時間)に発表された。

  映画部門で最多6ノミネートに輝いたのは、「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のアダム・マッケイ監督と、主演のクリスチャン・ベール、製作ブラッド・ピットが再結集した「バイス」。2001〜09年のジョージ・W・ブッシュ政権で強大な権力を握った副大統領ディック・チェイニーを描く社会派エンタテインメントで、チェイニー役のベールが体重を約20キロ増量。髪を剃り眉毛も脱色するなど、"役作りの鬼"ベールの変貌ぶりが大きな話題となっている。本作は、コメディ部門作品賞をはじめ、監督、脚本、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞にノミネートされた。

是枝裕和監督作「万引き家族」は 外国語映画賞にノミネート
  続いて、ここまでの賞レースでも注目を集めてきた3作品、ギリシャの奇才ヨルゴス・ランティモス監督「女王陛下のお気に入り」、ファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリー監督「グリーンブック」、ブラッドリー・クーパーの長編監督デビュー作「アリー スター誕生」が、それぞれ5ノミネートを獲得した。

  また、日本からは是枝裕和監督「万引き家族」が外国語映画賞に、細田守監督「未来のミライ」がアニメーション映画賞にノミネートされている。

  授賞式は19年1月6日(現地時間)に開催され、コメディアンのアンディ・サムバーグと女優のサンドラ・オーが司会を務める。

細田守監督作「未来のミライ」は アニメーション映画賞に
  第76回ゴールデングローブ賞(映画部門)ノミネートは以下の通り。

  ▽作品賞(ドラマ)
ブラックパンサー
ブラック・クランズマン
ボヘミアン・ラプソディ
ビール・ストリートの恋人たち
アリー スター誕生

  ▽作品賞(コメディ/ミュージカル)
クレイジー・リッチ!
女王陛下のお気に入り
グリーンブック
メリー・ポピンズ リターンズ
バイス

  ▽監督賞
ブラッドリー・クーパーアリー スター誕生
アルフォンソ・キュアロンROMA ローマ
ピーター・ファレリーグリーンブック
スパイク・リーブラック・クランズマン
アダム・マッケイバイス

  ▽主演男優賞(ドラマ)
ブラッドリー・クーパーアリー スター誕生
ウィレム・デフォー永遠の門 ゴッホの見た未来
ルーカス・ヘッジズ「Boy Erased」
ラミ・マレックボヘミアン・ラプソディ
ジョン・デビッド・ワシントンブラック・クランズマン

  ▽主演女優賞(ドラマ)
グレン・クローズ天才作家の妻 40年目の真実
レディー・ガガアリー スター誕生
ニコール・キッドマン「Destroyer」
メリッサ・マッカーシー「Can You Ever Forgive Me?」
ロザムンド・パイク「A Private War」

  ▽主演男優賞(コメディ/ミュージカル)
クリスチャン・ベールバイス
リン=マニュエル・ミランダ「メリー・ポピンズ リターンズ
ビゴ・モーテンセングリーンブック
ロバート・レッドフォードジ・オールド・マン・アンド・ザ・ガン(原題)」
ジョン・C・ライリー「Stan & Ollie」

  ▽主演女優賞(コメディ/ミュージカル)
エミリー・ブラントメリー・ポピンズ リターンズ
オリビア・コールマン女王陛下のお気に入り
エルシー・フィッシャー「Eighth Grade」
シャーリーズ・セロンタリーと私の秘密の時間
コンスタンス・ウークレイジー・リッチ!

  ▽助演男優賞
マハーシャラ・アリグリーンブック
ティモシー・シャラメビューティフル・ボーイ(原題)」
アダム・ドライバーブラック・クランズマン
リチャード・E・グラント「Can You Ever Forgive Me?」
サム・ロックウェルバイス

  ▽助演女優賞
エイミー・アダムスバイス
クレア・フォイファースト・マン
レジーナ・キングビール・ストリートの恋人たち
エマ・ストーン女王陛下のお気に入り
レイチェル・ワイズ女王陛下のお気に入り

  ▽脚本賞
アルフォンソ・キュアロンROMA ローマ
デボラ・デイビストニー・マクナマラ女王陛下のお気に入り
バリー・ジェンキンスビール・ストリートの恋人たち
アダム・マッケイバイス
ニック・バレロンガブライアン・カリーピーター・ファレリーグリーンブック

  ▽アニメーション映画賞
インクレディブル・ファミリー
犬ヶ島
未来のミライ
シュガー・ラッシュ オンライン
スパイダーマン スパイダーバース

  ▽外国語映画賞
Capernaum」(レバノン)
ガール(原題)」(ベルギー)
Never Look Away」(ドイツ)
ROMA ローマ」(メキシコ)
万引き家族」(日本)

  ▽作曲賞
クワイエット・プレイス
犬ヶ島
ブラックパンサー
ファースト・マン
メリー・ポピンズ リターンズ

  ▽主題歌賞
"All the Stars" 「ブラックパンサー
"Girl in the Movies" 「Dumplin'」
"Requiem for a Private War" 「A Private War」
"Revelation" 「Boy Erased」
"Shallow" 「アリー スター誕生

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2018/12/7のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 12/10更新
公開スケジュール
予告編・動画 12/10更新
ソ興行ランキング
ソ注目作品ランキング
P映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月7日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.