映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2018年11月9日
◆2018/11/9更新
「スーパーマリオブラザーズ」がアニメ映画化
今度こそ成功となるか!?
  米アニメーション制作スタジオのイルミネーション・エンタテインメントが、世界中で愛される任天堂のファミコンゲーム「スーパーマリオブラザーズ」のアニメ映画化について、2022年全米公開を目指していることがわかった。

  1985年にファミコン用ソフトとして発売された「スーパーマリオブラザーズ」は、配管工の兄弟マリオとルイージが、悪党クッパにさらわれたキノコ王国の姫ピーチを救い出すべく冒険を繰り広げるというもの。発売と同時に社会現象ともいえる空前の大ブームを巻き起こし、現在までにシリーズ累計で3億3000万本を超える驚異的な売り上げを記録している。

  「スーパーマリオブラザーズ」は、93年にボブ・ホスキンス主演で実写化(「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」)されたが、ダークなディストピア映画風に仕上がった作品は、莫大な製作費を投入したのにも関わらず評価も興行も振るわず大コケした。以降、任天堂はハリウッドの大手スタジオと映像化をめぐるライセンス契約を結ぶのに消極的だった。

  しかし、米ScreenRantによれば、イルミネーション代表のクリス・メレダンドリは今回こそゲームの人気に相応しい作品を製作すると意気込んでおり、「スーパーマリオブラザーズ」の世界観やキャラクターのかわいらしさを存分に反映させる考えのようだ。イルミネーションは「ミニオンズ」「ペット」「SING シング」など大ヒット長編アニメ映画を手がけてきた実績があり、親会社のユニバーサル・スタジオは任天堂ランドの建設を計画中だ。前回の実写版には任天堂関係者は関与しなかったが、アニメ版にはゲームの生みの親である任天堂の宮本茂氏が、クリエイティブ過程に全面的に参加するという。

  イルミネーションは、新作アニメ映画「グリンチ」(声優ベネディクト・カンバーバッチ)が12月14日から日本公開。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2018/11/9のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 11/18更新
公開スケジュール
予告編・動画 11/18更新
ソ興行ランキング
ソ注目作品ランキング
P映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月9日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.