映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2018年10月11日
◆2018/10/11更新
登坂広臣×中条あやみ「雪の華」音楽は葉加瀬太郎氏が担当 儚い場面写真も披露
登坂広臣&中条あやみが “一生に一度の恋”に落ちる
  「三代目J Soul Brothers」のボーカリスト・登坂広臣と人気若手女優・中条あやみが主演する恋愛映画「雪の華」の音楽を、世界的バイオリニストの葉加瀬太郎氏が担当していることがわかった。初めて映画全編の音楽を手がける葉加瀬氏は、「同じ曲が調を変えテンポを変えて、何度も出てくることによって、どんどん心に積まれていき、最後にクライマックスを迎えるというのが、僕の好きな映画音楽です。作品全体を通して、徐々に心に沁みていくのが理想ですね。それは、すべての音を手掛けるからこそ初めて出来ることで、とても楽しい作業でした」とコメントを寄せている。

  中島美嘉の同名楽曲を基に、「羊と鋼の森」「orange オレンジ」の橋本光二郎が監督、「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の岡田惠和が脚本を務め映画化。余命を宣告された美雪(中条)の夢は、「フィンランドでオーロラを見ること」「人生で初めての恋をすること」だった。そんな彼女の前にガラス工芸家をめざす青年・悠輔(登坂)が現れ、東京とフィンランドを舞台に、ふたりは一生に一度の"運命の恋"に落ちていく。

画像2
  葉加瀬氏は「『雪の華』のメロディを何とか僕のバイオリンで表現したいと考え、オープニングとエンディングにもってくることにしました」と音楽の意匠を説明し、「大好きな映画『ベニスに死す』で使われている、マーラーの5番のようなイメージで『雪の華』を弾けたらいいなと思っています」と語る。今作の物語に対しては「大変美しい話だと思いました。ピュアな物語というものは、人がいくつになっても心に響きますし、美雪の"覚悟がある愛"には、多くの共感が寄せられると思います」と感銘を受けた様子で、「フィンランドが大切な舞台になっていますので、国民的な作曲家のジャン・シベリウスの楽曲を意識しました。彼の重厚なトーンの緯度や寒さを感じさせる"北の音"を聞いて、曲を作るきっかけにしていました」と述べた。

  また、新場面写真もあわせてお披露目。フィンランドの雪景色のなか、寄り添い見つめ合う悠輔と美雪の愁いを帯びた表情など、2人の儚くも美しい恋模様の一部を見ることが出来る。映画「雪の華」は、2019年2月1日から全国公開。

(C)2019 映画「雪の華」製作委員会
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2018/10/11のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 10/16更新
公開スケジュール
予告編・動画 10/16更新
ソ興行ランキング
ソ注目作品ランキング
P映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月11日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.