映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2018年9月14日
◆2018/9/14更新
ベルナー・ヘルツォーク、日本で新作を撮影していた
ベルナー・ヘルツォーク
  20世紀の政治家のなかで最も重要な人物とされるミハイル・ゴルバチョフとの対談を通して、アメリカとロシアの政治的現状の背景に迫る新作ドキュメンタリー「ミーティング・ゴルバチョフ(原題)」を引っさげ、カナダ・トロントで開催中のトロント国際映画祭に出席したドイツの鬼才ベルナー・ヘルツォークが、現地で米Indiewireの取材に応じ、現在抱えているいくつかの企画について語った。

  「某シリーズもののハリウッド大作に役者として参加するんだ。詳細を明かすわけにはいかないが、ヒントは『ハックルベリー』という仮題。あとは想像に任せるよ」と笑って語ったヘルツォークは、これまでにも俳優として「ジュリアン」(1999)や「ミスター・ロンリー」(2007)といった映画に出演。トム・クルーズ主演の「アウトロー」(13)では印象的な悪役を怪演し、話題を集めた。

  そんなヘルツォークが今夏、密かに日本で映画の撮影を行っていたという。キャストは全員素人、セリフは全て日本語というこのミステリアスな野心作について、「日本での撮影は、あらゆる点で実に興味深い挑戦だったよ。通訳を介して、演者たちに場面ごとのシチュエーションを事細かに説明したうえで、自分なりの解釈でセリフを考えてもらうというやり方だったんだけど、ストーリー展開に支障が出ないようにするためには、非常に明確かつ緻密な演出が求められた」と撮影時の苦労を述懐。さらに、雑踏に俳優たちを紛れ込ませ、小型・軽量のデジタルカメラを使ったゲリラ撮影を敢行したため、「映画に出ていることさえ知らない"エキストラ"がたくさんいる」と冗談めかして明かした。

  オペラ演出家としても知られるヘルツォークは過去、日本で公演されたオペラの演出を手がけたことはあるが、監督作を日本で撮影したのは今回が初めて。タイトルやストーリーなどの詳細についてはまだ明かせないとのことだが、撮影は8月中に終えており、これから編集作業にとりかかる予定だという。

  「演技や脚本、監督、編集やその他、映画作りに関わるもの全てを心底愛している」と、76歳になった現在もなお衰えることなき映画愛をにじませる鬼才ヘルツォークが、日本を舞台にどのような物語を描いているのか、映画の完成が待たれる。

写真:Jordan Strauss/Invision/AP/アフロ
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2018/9/14のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 11/15更新
公開スケジュール
予告編・動画 11/15更新
ソ興行ランキング
ソ注目作品ランキング
P映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月14日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.