映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2018年9月14日
◆2018/9/14更新
任せたぜ、ブルース! みうらじゅん特製「デス・ウィッシュ」のイラスト公開
みうらじゅん描き下ろしの特製イラスト
  「ダイ・ハード」「RED レッド」などのブルース・ウィリスが、外科医と処刑人2つの顔を持つ主人公を演じたアクション映画「デス・ウィッシュ」の公開を記念し、みうらじゅん描き下ろしの特製イラストがお披露目された。

  主人公は、米シカゴの外科医ポール・カージー(ウィリス)。ある日、家族が何者かに襲われ、妻は死に、娘は昏睡状態になってしまう。一向に進まない警察の捜査に怒りが頂点に達したポールは、自ら銃を手に取り、犯人を抹殺するため危険な街へと繰り出す。1974年にチャールズ・ブロンソン主演で公開された「狼よさらば」を原作に、「グリーン・インフェルノ」「ノック・ノック」のイーライ・ロス監督が斬新な演出でよみがえらせた。

  イラストは、ブロンソンがチャーミングなウィンクと共に「任せたぜ、ブルース!」と激励を送るデザイン。ブロンソンの大ファンだというみうらは、作品について「ブロンソン不在で街はまたもオオカミだらけですウィッシュ! もう許せん! ブルース・ウィリスに自警団交代ですウィッシュ! 狼よさらば」と愛をあふれさせている。

  そのほかにも各界著名人から応援コメントが到着し、アントニオ猪木は「元気ですかー! ブルース・ウィリス扮する外科医の心の中で、復讐心と良心との闘いのゴングが鳴る! 迷わず観ろよ、観ればわかるさ」と猪木節を炸裂。関根勤は「この復讐には純然たる理由がある! これ程までに主人公を応援した記憶がない!」と情感たっぷりで、ドキュメンタリー監督の松江哲明は「『ここまでやらなければいけない』という覚悟と共にジャンル映画道を突き進むイーライ・ロス。そのさじ加減が絶妙かつ見事」とロス監督の覚悟と手腕を絶賛している。

  「デス・ウィッシュ」は、10月19日から全国公開。

(C)2018 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2018/9/14のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 11/15更新
公開スケジュール
予告編・動画 11/15更新
ソ興行ランキング
ソ注目作品ランキング
P映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月14日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.