映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2018年9月13日
◆2018/9/13更新
「グリンチ」の"本国"にぼやく大泉洋、初対面・宮野真守の「技を盗みたい」
「本国」ネタでぼけたおした大泉洋ら
  イルミネーション・エンターテインメントの新作「グリンチ」の吹き替え版製作発表会見が9月13日、ザ・ペニンシュラホテル東京で行われ、日本語吹き替え版キャストの大泉洋秋山竜次(ロバート)、子役の横溝菜帆ちゃん、ナレーションを務める宮野真守が出席した。

  原作は、絵本作家ドクター・スースが1957年に発表した名作絵本。愛犬マックスと洞くつに暮らす、いじわるで孤独なグリンチは、山のふもとに住む住人たちが大好きなクリスマスを"盗む"という計画を立てる。グリンチの声を担当した大泉は「(オリジナル版の)ベネディクト・カンバーバッチさんの芝居に合わせないと、本国からクレームがくるらしいんですよ。その合わせるレベルがすごい」と早速ぼやき節をスタート。"1音"が足りないだけでもリテイクを要求されるようで「だったら、カンバーバッチの(声を)使ってくれや! そんだけ細かい。僕は必死ですよ! ここまでと知っていたらやらなかった」とまくし立てた。

  実生活では3人の子どもを育てるが「テスト段階から双子の"お母さんあるある"を提案させていただいた。セリフを変えるというのは簡単なことではないですが、本国に1度問い合わせていただいた」と打ち明けると、「そんなに自由ききました?」と驚きを隠せない大泉。「俺も本国に確認すればよかった」と続けると、"本国"というワードに引きつけられた秋山は「僕なんかの役でも一応本国に確認するんですよね……。生まれつき本国が好きだったんです。いつか本国で仕事がしてみたかった」とボケたおした。

  その後も「僕は本国に文句はないです。ズブズブの関係でやっていきたい」(宮野)、「パート2があっても、本国に役を降ろされるでしょうね」(大泉)、「本国だけは敵に回しちゃいけない」(秋山)とまるで"居酒屋トーク"のような展開に。「アニメの仕事をする際には、娘に『どう思う?』と意見を聞く」という大泉は、「娘にも言いましたよ。なかなか本国は手ごわいと。うちの娘は本国という国があって、大変なんだなと思っているはず。パパの嫌いな国は"本国"(笑)」と話し、爆笑をかっさらっていた。

  物語の内容にちなみ「共演者から"盗みたい"ものは?」と質問が飛ぶと、大泉は宮野を指名して「技といいましょうか……、僕も声優の仕事をさせてもらうことがありますが、やはり難しい。どうやって様々な声を使い分けているのかしら」と回答。一方、大泉とは初対面となった宮野は「『はじめまして』なのに場の空気を作ってくださる。皆に愛される空気感、好感度を盗みたい」と答えていた。

  "ベイビーグリンチ"が登場することから、大泉らの幼少期の写真が披露された後、カンバーバッチのサプライズメッセージが発表された。「こういうのがあるって言っておかなきゃダメだって……冒頭から若干ディスってるからね? 会った途端にケンカになるじゃない」と慌てふためく大泉。締めの挨拶では「私は前半で『この仕事が大変だ』とぼやいたことを後悔しております。素晴らしい作品です」と態度を一変させていた。「グリンチ」は、12月14日から全国公開。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2018/9/13のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 5/19更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月13日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.