映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2018年9月4日
◆2018/9/4更新
ルカ・グァダニーノ版「サスペリア」、ベネチアで賛否両論
ティルダ・スウィントンが一人二役を務める
  ルカ・グァダニーノ(「君の名前で僕を呼んで」)監督が、ダリオ・アルジェントの傑作ホラーをリメイクした新作「サスペリア(原題)」が、ヴェネチア映画祭のコンペティション部門で披露され、大きな反響を振りまいた。

  本作はダリオファンを公言するグァダニーノ監督が長年温めてきた企画で、監督の古くからの友人でもあるティルダ・スウィントン(2役)をはじめ、ダコタ・ジョンソンクロエ・グレース・モレッツミア・ゴス、さらにオリジナルでヒロインを演じたジェシカ・ハーパーも加わった贅沢なキャスティングとなっている。また、サントラを手がけるのはこれが初となるレディオヘッドのトム・ヨークが音楽を担当したことでも注目されていた。

  ベネチアには、監督と女優陣に加えヨークも参加。ヨークは会見で、グァダニーノ監督から依頼されたときのことを振り返り、「正気の沙汰じゃないと思ったよ。随分悩んだけれど、やらないで後悔するのは嫌だと思い、引き受けることにした」と語った。

  もっとも、グァダニーノ監督は舞台を1977年のベルリンに移し、リメイクというよりはニュー・バージョンと呼べるものに仕立てた。特にマーサ・グラハムピナ・バウシュを参考にしたというダンスシーンは、振り付けや衣装もセンセーショナルにアレンジ。パゾリーニの「ソドムの市」や「エクソシスト」を彷彿させるような過激なシーンもあり、反応は賛否両論に分かれた。

  グァダニーノ監督は、「もちろん僕はオリジナルの大ファン。だからこそ、どうしても自分なりの解釈でやってみたいと思った。77年は『サスペリア』が公開された年であるとともに、フェミニズムの運動も盛り上がった時期で、そういう空気を映画に反映させたかった」と語った。いずれにしろ、オリジナルを知っていても、驚きを伴う内容になっていることは確かだ。(佐藤久理子)

Photo by Andreas Rentz/Getty Images
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2018/9/4のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 4/23更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月4日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.