映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2018年8月24日
◆2018/8/24更新
批判上等!来日した「スカイライン」続編監督、"躍進の心得"を学生に熱血指導
学生たちにエールをおくったリアム・オドネル監督
  謎の生命体による地球征服の3日間を描いた「スカイライン 征服」の7年ぶりとなる続編「スカイライン 奪還」で、製作・監督・脚本を手がけたリアム・オドネルが8月23日、東京・千代田区のデジタルハリウッド大学で、来日トークイベントを行った。映像クリエイターを志す学生たちに向けて「情熱と勤勉さ、そして批判に耳を傾ける姿勢があれば、成長するチャンスはあるはず」とエールをおくった。

  「AVP2 エイリアンズVS.プレデター」にクリエイティブ・コンサルタントとして参加し、前作「スカイライン 征服」で製作・脚本を務めたオドネルにとって、本作は満を持しての監督デビュー作。「映画作りにおけるCEOのような立場で、楽しいよ(笑)。今までは裏方だったし、現場に指示を出すのはすばらしい経験だった」と振り返り、「特にスタッフに関しては、可能な限りベテランを起用した。例えば編集のショーン・アルバートソンだね。僕にとっては、メンターのような存在だったよ」と語った。

  オドネルは、本作のプロデューサーであるコリン&グレッグ・ストラウス兄弟が2002年に設立したVFX制作会社「ハイドラックス」に所属。同社は「アバター」「ジオストーム」「ランペイジ 巨獣大乱闘」といった数多くのメジャー作品でVFXを担当する、ハリウッドきっての有名スタジオだ。

  「ハイドラックスの強みは、誰もが学び成長できるチャンスが与えられている点。僕も最初は脚本家だったけど、さまざまな経験をし、今はメガホンをとっている。ストラウス兄弟たちは、何事も外注には任せない"インハウス"な制作体制にこだわりをもっているし、彼らが自分たちでカメラを回す姿には、大いに刺激を受けているよ」(オドネル)

  学生から「ハイドラックスが求める人材は?」と問われると、「最新のソフトウェアを使いこなせるかといった基本的なスキルはもちろん、そこに新たな価値観をプラスできる人材だね。求められる納期やクオリティに対する責任感も必要だね」。ハイドラックスには、デジタルハリウッド出身の日本人も働いていたといい、「世界中から才能が集まっているよ」と話していた。また、「1フレームあたり、レンダリングの時間は?」といった専門的な質問も飛び出し、オドネルは丁寧に回答していた。

  「スカイライン 奪還」は、10月13日から全国公開。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2018/8/24のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 6/16更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月24日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.