映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2018年5月8日
◆2018/5/8更新
EXILE小林直己、リドリー・スコット製作総指揮の映画に出演!舞台は日本、佐渡島などで撮影へ
ハリウッド進出を果たす小林直己 (2015年2月4日に撮影)
  巨匠リドリー・スコットが製作総指揮を務めるNetflixオリジナル映画「アースクエイク・バード(原題)」に、「EXILE」「三代目 J Soul Brothers」の小林直己が出演していることがわかった。日本を舞台にした今作で、小林はミステリアスなカメラマン・禎司を演じる。

  原作は英作家スザンヌ・ジョーンズ氏による同名ミステリー小説。日本に住む外国人女性リリーが行方不明になり、遺体で発見された。友人だったルーシーに容疑がかけられるが、この2人の女性の間には日本人カメラマン・禎司の存在があった。三角関係の愛憎、そしてその先にある死の真相が語られていく。

  「エイリアン」「ブレードランナー」シリーズを手がけたスコットが製作総指揮を担い、第87回米アカデミー賞で主演女優賞を受賞した「アリスのままで」のウォッシュ・ウエストモアランド監督がメガホンをとる。キャストでは「リリーのすべて」のオスカー女優、アリシア・ビカンダーが主人公ルーシー役、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「ローガン・ラッキー」などで存在感を放ったライリー・キーオがリリー役に扮している。

  そして三代目JSBのリーダー兼パフォーマーとして活躍しながら、「たたら侍」など俳優としてもキャリアを積み上げている小林が、ハリウッドの一流女優たちと対峙する重要な役どころに。そのミステリアスかつ鋭い雰囲気が、製作陣の求める禎司のイメージと一致し、今回の起用が決まった。さらに佐久間良子クリスタル・ケイらが出演し、「マンハント」「思い出のマーニー」の種田陽平が美術、「許されざる者」の小川久美子が衣装、「オリエント急行殺人事件」の吉原若菜がヘアメイク、「ラスト サムライ」「バベル」などの奈良橋陽子がキャスティングディレクターとして参加している。

  「アースクエイク・バード(原題)」は、5月から東京や新潟・佐渡島で撮影開始。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2018/5/8のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 3/24更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月8日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.