映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2018年4月30日
◆2018/4/30更新
山田孝之、長澤まさみとのラブストーリー&キスは俳優人生の「ご褒美」
恋人役で共演した山田孝之と長澤まさみ
  山田孝之長澤まさみが共演するラブストーリー「50回目のファーストキス」の完成披露試写会が4月30日、東京・イイノホールで行われ、山田と長澤、共演の勝矢、太賀山崎紘菜佐藤二朗福田雄一監督、サプライズゲストとして主題歌「トドカナイカラ」を書き下ろした平井堅が舞台挨拶に出席した。

  アダム・サンドラードリュー・バリモアの共演で大ヒットした2004年のハリウッド映画を、「銀魂」「斉木楠雄のΨ難」などのコメディ作品で手腕をふるってきた福田雄一監督がリメイク。ハワイ・オアフ島でツアーガイドとして働きながら天文学の研究をしているプレイボーイの弓削大輔(山田)と、事故の後遺症で眠ると記憶がリセットされてしまう女性・藤島瑠衣(長澤)の純愛を描く。

  山田は、オファーを受けた時の思いを聞かれると「18年くらい俳優をやってきた状態だったんですけど、やっとご褒美が来たなと思いました。ずっと仕事してきて、大変なことも色々あった。そんななかで、福田組でハワイで長澤さんと一緒で。いっぱいチューできるんですよ」と本音をポロリ。会場が笑いとどよめきに包まれると、「全部嘘です! そろそろラブストーリーやりたいなって本当に4年前くらいに思ってたんです。そしたら(オファーが)来たんです!」と必死に訂正していた。

  一方の長澤は、福田監督作「銀魂」の撮影が3日間ほどだったことを明かし、「やっと福田さんと一緒にお仕事ができると思ったのと、山田さんとも11年前に映画を一緒にやって以来久しぶりの共演。これは楽しそうだなと」とニッコリ。1カ月間のハワイロケを「浮かれちゃって、私何やってんだろうって反省しました」と振り返ったが、福田監督は「その浮かれた感じがピッタリだったんだね」と大満足の様子。キャスト陣が長澤のモノマネしていたと明かし、「途中マジギレしてたよね?」と問うと、長澤は「泣いたんですよ!」と衝撃告白していた。

  サプライズ登場した平井は、「(今作は)1日1日が続くのが奇跡だということを体感する2人の物語。幸せなものと背中合わせの壊れやすいものを描ければと思った。福田組に入れて嬉しい」と語ると、福田監督は「エンドロールで流れる平井さんの歌聞いているだけで泣ける。本当に最高」と絶賛。山田は「普通だったら素直に喜べるんですけど、福田組なので(笑)。1回損した気分。どうせ平井堅さんに書いてもらえるんなら、もっとちゃんとした場で書いてもらいたかった。なかなかないですから。平井さんに書いてもらうチャンスなんて」と肩を落としたが、平井は「毎回書きます」と約束して山田を喜ばせていた。

  「50回目のファーストキス」は、6月1日から全国で公開。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2018/4/30のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 5/19更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月30日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.