映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2018年3月27日
◆2018/3/27更新
「ランペイジ」日本版ポスター公開!「パシリム」「ファンタビ」参加アーティストが描き下ろし
「ダブル・ネガティブ」の田島光二氏が描き下ろし
  「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」が記録的ヒットを飛ばしているドウェイン・ジョンソンの主演作「ランペイジ 巨獣大乱闘」の日本版ポスターが、公開された。イギリスを拠点とするVFX工房「ダブル・ネガティブ」の日本人コンセプトアーティスト・田島光二氏が描き下ろしたものとなる。

  1986年に発売されたアーケードゲーム「RAMPAGE」を基に製作されたパニックアクション。遺伝子実験の失敗により巨大化したゴリラ、オオカミ、ワニなどが、都市を破壊するさまを迫力のスケールで描く。「アバター」や「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを手がけたウェタ・デジタルがVFXを担当した。

  ダブル・ネガティブのカナダスタジオに在籍する田島氏は、「GODZILLA ゴジラ」「レ・ミゼラブル」「アサシン クリード」「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」「ブレードランナー 2049」「パシフィック・リム アップライジング」などのコンセプトアートを手がけ、「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」ではティム・バートン監督の右腕を務めるなど、輝かしい経歴を誇る。

  ポスターでは、巨大化&凶暴化したゴリラ、オオカミ、ワニが都市を破壊しつくすさまが熱量高く描かれているほか、戦車や戦闘機、逃げ惑う人々も描き込まれており、"怪獣映画"にふさわしい仕上がり。田島氏は、「予告編など見て楽しみにしていた映画なので、そのポスターを描かせていただけるなんて!と喜びと驚きを感じました。怪獣映画というジャンルは、世界の中でも日本は確立している存在なので、これが日本が描く怪獣だ!というモチベーションで、そして何よりもこのポスターを楽しみながら描かせてもらいました。怪獣映画を見たときのあのワクワクを、このポスターから感じていただけたらうれしいです」と思いを語っている。

  「ランペイジ 巨獣大乱闘」は、5月18日から全国公開。

(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2018/3/27のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 7/21更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月27日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.