映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2018年3月4日
◆2018/3/4更新
最低映画の祭典ラジー賞発表!「絵文字の国のジーン」が最多4冠
「絵文字の国のジーン」が最多4冠
  最低映画の祭典ラジー賞こと第38回ゴールデンラズベリー賞の結果が、アカデミー賞授賞式前夜の3月3日(現地時間)に発表された。

  ワースト作品賞に輝いたのは、日本発祥の絵文字をモチーフに描いたハリウッド製3DCGアニメーション「絵文字の国のジーン」。同作は作品賞のほか、ワースト脚本賞、ワースト監督賞、ワースト・スクリーンコンボ賞など9部門中4部門で最多受賞となった。

  次いで2部門を受賞したのは、世界的ベストセラー小説を実写化した官能ドラマ「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の続編「フィフティ・シェイズ・ダーカー」。全世界興収3億8090万ドルの大ヒットを記録したものの、キム・ベイシンガーのワースト助演女優賞とワースト・リメイク/パクリ/続編賞のダブル受賞という不名誉な結果に。アカデミー賞ノミネートの監督作「ハクソー・リッジ」が高く評価され、昨年は「名誉挽回賞(Razzie Redeemer Award)」の栄冠を手にしたラジー賞の常連メル・ギブソンだったが、今年は「パパVS新しいパパ2」でワースト助演男優賞に選ばれ、再び常連の座にカムバックしてしまった。

  また、タイラー・ペリー監督・主演による人気シリーズ最新作「タイラー・ペリーのまた出たぞ~! マデアのハロウィン2」で、主人公"マデアおばさん"を女装で熱演したペリーが、男優であるにもかかわらずワースト主演女優賞に選ばれたのも、ラジー賞ならではといったところだ。

  第38回ゴールデンラズベリー賞の受賞結果は以下の通り。

  ▽ワースト作品賞
絵文字の国のジーン

  ▽ワースト男優賞
トム・クルーズ(「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」)

  ▽ワースト女優賞
タイラー・ペリー(「タイラー・ペリーのまた出たぞ~! マデアのハロウィン2」)

  ▽ワースト助演男優賞
メル・ギブソン(「パパVS新しいパパ2」)

  ▽ワースト助演女優賞
キム・ベイシンガー(「フィフティ・シェイズ・ダーカー」)

  ▽ワースト・スクリーンコンボ賞
絵文字たち(Any Two Obnoxious Emojis:イラっとする組み合わせの絵文字)
(「絵文字の国のジーン」)

  ▽ワースト・リメイク/パクリ/続編賞
フィフティ・シェイズ・ダーカー

  ▽ワースト監督賞
トニー・レオンディス(「絵文字の国のジーン」)

  ▽ワースト脚本賞
絵文字の国のジーン

(C)2017 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved. “emoji”TM is a trademark of emoji company GmbH used under license.
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2018/3/4のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 7/19更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月4日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.