映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
携帯(フューチャーフォン)サイト終了のお知らせ
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2017年12月13日
◆2017/12/13更新
山崎貴監督「鎌倉ものがたり」で得た大いなる確信
次回作はハーレムもの!?
  「三丁目の夕日」で知られる西岸良平氏の人気漫画を、堺雅人高畑充希の初共演で映画化した「DESTINY 鎌倉ものがたり」が、12月9日から全国で封切られ、大ヒットスタートを切った。これまでの作品と同様に脚本、VFXを兼ねた山崎貴監督が得た達成感は、想像以上に大きなものだった。(取材・文・写真/編集部)

  映画は、第38回日本漫画家協会賞大賞を受賞し、累計発行部数1000万部を突破した「鎌倉ものがたり」が原作。妖怪、魔物、幽霊など"人ならざる者"がはびこる神奈川・鎌倉で鉄道模型、プラモデル、骨董蒐集など多趣味のミステリー作家・一色正和(堺)と嫁いできた若き妻・亜紀子(高畑)が、数々の怪事件に巻き込まれていくファンタジー大作だ。

  11月7日に行われた完成披露試写会時、山崎監督はVFX作業を経て10月31日に完成したことを報告していたが、それ以上に「(VFXを担当した)白組史上最大のピンチを迎えた。今日完成した作品を見せられることが奇跡のよう」と語り、ホッと胸を撫で下ろしていた。長年にわたり山崎監督を取材し続けてきた筆者は、虚を衝かれた思いでこの一部始終を眺めていた。

  日本VFX界の第一人者である山崎監督だが、撮影現場では積極的にスタッフの意見に耳を傾け、時にはモニター前から猛ダッシュで役者のもとへ向かい、昼食時にはものの数分で食事を平らげ誰よりも早く現場に戻ろうとするなど、人間味あふれた一面を持つ人物。現場では余裕すら感じさせる佇まいの山崎監督をして、最大のピンチとはどのようなものだったのだろうか。

  「簡単に言うと、これまでと同じ時間しかないのに量がすご過ぎて、みんなが死にそうになったんですよ(笑)。顔の合成も結構大変でね、『寄生獣』をやっていたから大丈夫じゃないかと思って始めたんです。確かに技術はあるんですよ。でも、画面に同時に8体出てくるので、単純に8倍かかる。トラッキングという作業にすごい時間を取られちゃって、なかなか画が出来上がってこなかったんです。本当にやばかったですねえ」

画像2
  それだけに、山崎監督は相当の達成感を得た様子。「達成感? すごくありましたよ。そもそも、終わると思っていなかったんですから。ダビングに入るまでには完成させておきたかったんですけど、その2週間くらい前にチェックをしたら『まだ100カットほど手がついていません』って。100? OKには程遠いトーンでした。久々でしたねえ、あんなテンションになったのは(笑)」

  あらゆる時代を描いてきた山崎監督だからこそと言うべきだろうか、驚くべきハイクオリティで昭和40~50年代の雰囲気が漂う鎌倉を作り上げ、正解のない黄泉の国ですら、見る者にどこか郷愁を感じさせるビジュアルに仕上げている。

  「絵葉書感というかね。でも、鎌倉高校前の惨劇は大変でしたよ。工事中だし(笑)。阿部秀司プロデューサーから『みんなの心の中にある鎌倉にしろ』みたいなことを言われたんですよ。ドキュメントな鎌倉ではなくて、ちょっとソフィスケートされた、鎌倉に来た人が帰宅してから思い出す鎌倉みたいにしてくれって。これが意外と大変でしたね」

  「黄泉の国は、温泉地みたいな印象ですね。湯治に来ている時の古めかしい建物がいいなあって。巨大リゾート地というか、魂の保養地。死後の世界って、死ぬ時に自分が思い描いた世界に行けるような気がして。多くの人がこの映画を見て、死ぬのが怖くなくなるっていう映画を目指したいと思ったんですよ」

  また、堺&高畑に負けず劣らずの豪華な面々がスクリーンを彩っている。堤真一田中泯國村隼橋爪功薬師丸ひろ子三浦友和といった山崎組の常連から、安藤サクラ大倉孝二市川実日子ら初参戦の顔ぶれもそろった。そんな中でも、やはり堺、高畑の2人には驚かされる事が多かったようだ。

画像3
  「皆さん、やりたかった方々だったから面白かったですよ。堺さん、高畑さんの2人のスキルは高いんだろうなあと思っていたら、投げた球の返し方が本当に素晴らしかった。高畑さんとか、何を投げても受け取ってくれますからねえ。結構、無茶を言ったんですよ。刑事をごまかす時はぐるぐる回ってくれとか、海老ぞって答えてみてくれとか。しかも、ちゃんとかわいい感じにしてくれて、すごいなあと思いましたね」

  それにしても、ジャンルを問わない監督だ。直近5年間だけ振り返ってみても「永遠の0」「STAND BY ME ドラえもん」「寄生獣」「寄生獣 完結編」「海賊とよばれた男」、そして「DESTINY 鎌倉ものがたり」。

  「確かに、ジャンルではくくれないですよね(笑)。自分で言うのもなんだけど、逆にやれないものはないという感じはしますよね。どういうクオリティの作品になるかは分からないですけど、尻込みするようなことはないかもしれない。ただ、あんまり王道みたいなものはやりたくないんですよ。いや、やりたいんだけど、やりたくない自分がいる。変わったことをやって、ちゃんとエンタメに仕立てたいという思いがあります」

  次回作は既に決まっているようで、「夏が舞台で、水着の女子48人と男の子1人という念願の企画。これまで、ずっとおっさんばっかりの映画を撮ってきたんですから、たまにはハーレムもので(笑)」。煙に巻かれてしまったが、またガラッと趣を変えた作品を携えて撮影現場へのお誘いの連絡が来ることを静かに待とうと思う。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2017/12/13のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 11/18更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月13日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.