映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2017年8月21日
◆2017/8/21更新
斎藤工の監督作「blank13」ウラジオストク国際映画祭出品決定!新ポスターも公開
父と息子の距離感が印象的な新ポスター
  斎藤工が"齊藤工"名義で手がけた長編初監督作品「blank13」が、9月9日(現地時間)からロシアで開催されるウラジオストク国際映画祭のコンペティション部門に、日本の作品として唯一正式出品されることが決定し、主演を務める高橋一生と共演のリリー・フランキーの姿をとらえた新ポスタービジュアルがお披露目された。

  本作は、放送作家・はしもとこうじの実話を基にした家族の物語。13年間行方不明だった父親と心の溝を埋められずにいた家族が、父の死後、葬儀の参列者が語る思い出話を通して"13年間の真実"を知る。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017では、観客賞にあたる「ゆうばりファンタランド大賞」に選ばれ、第20回上海国際映画祭のアジア新人賞部門では、最優秀監督賞を受賞している。

  ウラジオストク国際映画祭は2003年にスタートし、今年で15回目を迎える国際映画祭。本作が出品される長編コンペティション部門には、アメリカ、フランスを含む10作品がノミネートされている。過去にはヤン・イクチュンの初長編監督作品「息もできない」、河瀬直美監督がメガホンをとった「2つ目の窓」といった話題作が最高賞であるグランプリに輝いている。

チラシの裏面には松岡茉優らの姿
  お披露目された新ポスタービジュアルは、高橋演じる主人公・松田コウジと、リリー扮する余命3カ月の父親が屋上で立ちつくしている光景をとらえたもの。2人の微妙な距離感からも、離れ離れになっていた13年間という"ブランク"が感じられる仕上がりだ。また、あわせて公開されたチラシビジュアルの裏面には、コウジの兄役として出演する斎藤のほか、共演の松岡茉優神野三鈴佐藤二朗が写る劇中カットが使用されている。

  「blank13」は、18年2月3日から東京・シネマート新宿で限定公開。

(C)2017「blank13」製作委員会
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2017/8/21のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 9/21更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月21日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.