映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
携帯(フューチャーフォン)サイト終了のお知らせ
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2016年3月21日
◆2016/3/21更新
生田斗真&桐谷健太が恋人役に!荻上直子監督がトランスジェンダー描く
新作で新境地を開拓する荻上直子監督
  「かもめ食堂」「めがね」の荻上直子監督の約5年ぶりとなる最新作「彼らが本気で編むときは、」が、このほどクランクインした。今作はトランスジェンダーを題材にしており、生田斗真桐谷健太が恋人役を演じている。

  製作のきっかけとなったのは、2013年に荻上監督が目にした新聞記事だ。「トランスジェンダーの子どもを持つ母親が、子どものためにニセ乳を作る」という記事に着想を得た荻上監督は、オリジナル脚本を執筆。元男性の女性・リンコ、実の母親に育児放棄された11歳の小学生・トモ、トモのおじでリンコの恋人でもあるマキオの3人が共同生活する姿を通じ、家族と愛の本質を映し出す。

  リンコ役の生田は、「他には考えられない」という荻上監督たっての希望により決定。自身も脚本に惚れ込んだだけに、「監督はとてもサバサバした方で、違ったら違う、よかったらよかったと物事をはっきり言ってくださるので、とても信頼しています」と身を預けている。そして「撮影に入ってみて、難しい役だと改めて実感していますが、こうした役をいただくことはそうないことですし、全力で取り組んでいます」と語っている。

  さらにマキオ役の桐谷も、「荻上監督は自分で本を書いて、自分で監督されているので、説得力が半端じゃないし、演出の指示が的確で、『なるほど、確かにそれがマキオかも!』って思えるんです」と大きな信頼を寄せる。「監督の演出によって、俺のマキオは余分なところが削がれ、本物の『小川マキオ』になって、転がり出していく感じです」と心から楽しんでいる様子だ。

  そんな荻上監督は、「私にとっても、生田さんや桐谷さんにとっても、転機となる作品だと思っています」と新境地開拓を宣言。"癒やし"の作風が女性を中心に支持を受けているが、「『彼らが本気で編むときは、』では、癒やしてなるものか! もはや、生ぬるいものを作る気など一切ありません」と決意表明し、「この映画は、私の人生においても、映画監督としても、荻上直子、第2部の始まりなのです」と並々ならぬ意欲を燃やしている。

  また生田は、桐谷との共演について「僕のことをたくさん褒めてくれるし、大丈夫、大丈夫って背中をポンと押してくれるんです。もともとマキオさんのように器が大きい俳優さんだし、頼りたくなる存在ですね」と称賛。一方の桐谷も、「斗真とも『この映画は俺らのターニングポイントになりそうやね』と話しています。自分にとって何かがすごく変わりそうな作品と感じています」とコメントしている。

  映画「彼らが本気で編むときは、」は、オーディションを勝ち抜いた子役・柿原りんかちゃんがトモ役を務める。2017年2月25日から東京・新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国で公開。

(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2016/3/21のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 11/20更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月21日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.