映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
携帯(フューチャーフォン)サイト終了のお知らせ
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2016年3月15日
◆2016/3/15更新
「蜜のあわれ」で"金魚"を演じた二階堂ふみ、1000匹の金魚アートに感激!
あでやかな着物姿で登場した二階堂ふみ
  二階堂ふみ大杉漣の共演で、大正期から昭和期に活躍した詩人・小説家の室生犀星が晩年に発表した小説を映画化した「蜜のあわれ」のプレミア試写会が3月14日、都内で行われ、二階堂、大杉のほか、永瀬正敏石井岳龍監督が舞台挨拶に登壇した。

  映画は、変幻自在の金魚の姿をもつ少女・赤子(二階堂)と老作家(大杉)の関係を中心に、老作家を慕う幽霊・ゆり子(真木よう子)、作家・芥川龍之介の幽霊(高良健吾)たちが2人の生活に影響を与えていくさまを幻想的に描く。

  会場には、劇中の金魚にちなみ約1000匹の金魚が泳ぐ巨大金魚鉢が設置された。これは現代アート「アートアクアリウム」の作品のひとつで、「花魁(おいらん)」と題されたもの。金魚の飾りをあしらった赤い着物で登場した二階堂は「とても美しくて、見とれてしまいました」とうっとりした様子で語った。

  二階堂は奔放な赤子をはつらつと演じているが、撮影で苦労したこととして「すごく寒いロケ地だったのですが(撮影の)笠松(則通)さんに『鳥肌を止めろ』と言われてしまって」と明かし、会場を笑わせる。一方、共演者たちは「二階堂さんは(共演者に対して)向き合ってくれる方で、僕にとっては色々な引き出しを開けてもらった」(大杉)、「可能性の塊。今後も色々な顔を見せていただきたい」(永瀬)と二階堂の才能をべた褒め。永瀬は二階堂とファッションブランド「SEDITIONARIES(セディショナリーズ)」の話で盛り上がったそうで「たまらないですね」とほほ笑んだ。

  石井監督にいたっては、「『放浪記(1962)』の高峰秀子さんに見える瞬間があった。二階堂さんは若いけれど、大女優に見える」と存在感に太鼓判を押す。二階堂は「高峰さんは日本映画で1番好きな女優さんなので、本当にうれしい。頑張ります」と決意を新たにしていた。

  会場にはゲストとして、550万人以上の来場者数を記録した「アートアクアリウム展」の総合プロデューサー・木村英智氏も登場。「金魚は人に鑑賞されるためだけに作られ、自然界には存在しない。計算されたところに人はひかれるのでは」と語った。

  「蜜のあわれ」は、4月1日から全国で公開。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2016/3/15のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 11/12更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月15日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.