映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2013年12月25日
◆2013/12/25更新
「嵐」相葉雅紀、映画に単独初主演!榮倉奈々×ハン・ヒョジュ×生田斗真も参戦
「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」に 出演する榮倉奈々&ハン・ヒョジュ
  国民的グループ「嵐」の相葉雅紀が、犬童一心監督の最新作「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」で、映画単独初主演を果たすことがわかった。相葉は、「黄色い涙」(2007)以来7年ぶりに犬童監督とタッグを組む。また、ダブルヒロインとして榮倉奈々と韓国のハン・ヒョジュが出演するほか生田斗真も参戦し、4人の男女が織りなす恋が聖なるクリスマスの夜に奇跡を起こすさまを描く。

  今作は、「100回泣くこと」の著者・中村航氏が、山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」をモチーフに手がけた「デビクロくんの恋と魔法」が原作。相葉は、優しすぎてちょっとヘタレな書店員・光に扮する。漫画家志望で、夜になると「デビクロ通信」という謎のビラを無差別にまく意外な一面を持つという役どころ。撮影に際し「見た人が必ず温かくなる作品にします!」と意欲満々で、「クリスマスイブは僕の誕生日でもあるので、この作品に携われることに運命を感じています! 僕がサンタクロースとなって、皆さんに『MIRACLE』を届けます!」と気合をみなぎらせている。

  榮倉は光をいつも近くで見守る幼なじみの杏奈、ハン・ヒョジュは光と偶然知り合う世界的照明デザイナーのソヨンを演じる。ともに相葉とは初共演で、榮倉は「純愛映画ではありつつも、アニメーションも交えるということで、私が今まで触れたことのないテイストの映画になりそうですが、犬童監督をとても信頼していますので、自分の想像をはるかに超えた未知なる作品になってほしいと願っていると同時に確信しています」とコメント。韓国を代表する国民的正統派女優であるハン・ヒョジュも、「性格やビジュアルが今まで私が演じた役と違うこと、また、初めての日本での映画撮影など、私にとっては新たな挑戦でありドキドキワクワクしています」とクランクインを心待ちにしている様子だ。

  2014年は「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」の公開を控え、NHK対がドラマ「軍師官兵衛」への出演が決まっている生田。今作では、光の大学時代の同級生で超売れっ子漫画家の北山に息吹を注ぎ込む。相葉とは97年の舞台「Stand by Me」で共演して以来となるが、「実写の中にアニメーションパートが入ってくるということで、どういった作品になるのか未だ想像がつきませんが、この映画の一部として、しっかりと役を務めさせていただきます」と話している。

  犬童監督は、「クリスマスの持つマジックな時間をミラクルと名付けよう。子どもの頃のように夢や未来を心から信じられる瞬間をスクリーンに焼き付けよう。相葉雅紀の笑顔と山下達郎の名曲『クリスマス・イブ』という最高のアイテムを手にすれば、きっとそれも可能なはずだ」と声明を発表。なお、脚本は菅野友恵が執筆している。

  「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」は、2014年秋に全国で公開。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2013/12/25のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 9/20更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2013年12月25日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.