映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2011年8月19日
◆2011/8/19更新
MEGUMI&笹野高史、東北キャンペーンで「元気もらった」
「カンフー・パンダ2」舞台挨拶に登壇した 笹野高史とMEGUMI
  山口達也が日本語吹き替え版で主人公の声を務める人気アニメ「カンフー・パンダ2」が8月19日、全国302スクリーンで封切られ、山口をはじめ、共演するMEGUMIと笹野高史が東京・新宿ピカデリーで初日舞台挨拶に登壇した。山口、MEGUMI、笹野の3人はこのほど、同作を引っさげて、ワーナー・マイカル・シネマズ福島とMOVIX仙台でキャンペーンを実施。「皆さんに喜んでいただき、私のほうが元気をもらった」(MEGUMI)、「お子さんたちの声援で、僕も元気をもらえた」(笹野)と振り返った。

  前作でカンフーを習得し、伝説の"龍の戦士"となったジャイアントパンダのポーが、マスター5と呼ばれる強力な仲間たちとともに、カンフーを抹殺し中国制圧を目論む孔雀のシェン大老と戦う。前作に引き続き、山口がポーを演じるほか、MEGUMIがマスター5の一員であるマスター・ヘビ役、笹野がシーフー老師役の声優を務める。

  山口は4月にロサンゼルスで、オリジナルキャストであるジャック・ブラックアンジェリーナ・ジョリーらと対面。さらに各国の吹き替え版でポーを演じる数10人の声優とも会ったといい「お前もポーなの? おれもそうだよ」と会話を交わしたと述懐。ブラックからは「お前らしく演じてくれ」とエールを送られたという。

  MEGUMIは「お子さんに楽しんでもらえるのはもちろん、シーフー老師のセリフには、大人の心に刺さる名言が多い。家族や仲間への熱いメッセージを感じる」と見どころをアピール。笹野は「役づくりは近所の多摩動物園で、というのは冗談ですが、続きがあるならぜひ(声優に)選んでほしい」とラブコールを送った。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2011/8/19のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 7/22更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月19日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.