映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
携帯(フューチャーフォン)サイト終了のお知らせ
映画ニュース
ホーム > 映画ニュース > 2010年2月20日
◆2010/2/20更新
"元祖・団地妻"白川和子「あえぎ声は負けない」と対抗心
肉食系の奮起に期待!
  「ロマンポルノ・RETURNS」の第1弾「団地妻 昼下がりの情事」の公開記念トークイベントが2月19日、東京・渋谷のユーロスペースで行われ、同作のオリジナルにあたる「団地妻 昼下りの情事」(1971)に主演した"元祖・団地妻"の白川和子と、ロマンポルノ出身で今回"古巣"に復帰してメガホンをとった中原俊監督が出席した。

  1971~88年のわずか17年間で1133本が製作された「にっかつロマンポルノ」が、「ロマンポルノ・RETURNS」として22年ぶりに復活。公開中の「団地妻 昼下がりの情事」は記念すべき第1弾作品となる。白川は、ロマンポルノ復活に「最初は、正直驚いた。私にとっては青春そのもので、宝物のひとつだったので」と懐疑的だったが、中原監督がメガホンをとると知って「安心した」。今回、自身も特別出演を果たし「淡々とした中に、女性の情念の切なさを感じた。悔しいけれど、素敵なカットがたくさんあって大好きな作品」と太鼓判を押した。

  それでも白川は、「あえぎ声だけは負けないわ」と対抗心を燃やし、撮影当時、友人が経営するラブホテルで、あえぎ声だけでなくカップルのさまざまな"生態"を観察・研究したと告白。ロマンポルノ出演をきっかけに、三島由紀夫をはじめ数多くの著名人と出会い「本当に感謝している」と振り返った。中原監督は、自由な題材で若手監督がしのぎを削るロマンポルノの現場を「映画を学ぶには最良の場所」と話し、「そうした場所が、今の日本映画界にもう1回立ち上がれば」とロマンポルノ復活の意義を熱っぽく語った。最後に白川は「男性頑張れ! 草食系男子が流行りらしいけど、みんな(ロマンポルノを観て)肉食系になったほうがいいわ」とPRしていた。

◆その他のニュース
前のニュースへ
次のニュースへ

2010/2/20のヘッドラインへ
今日のヘッドラインへ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 11/22更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月20日

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.