映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
映画評論
ホーム > 映画評論一覧 > ジオストーム > 映画評論
◆ジオストーム

あらゆる厄災全部乗せの脱知性ぶりが観客をトリップに導く!
  その異形な様相は「予算のかかったアサイラム映画」というべきかーー。かつて破壊王ローランド・エメリッヒ監督とタッグを組み「インデペンデンス・デイ」(96)や「GODZILLA ゴジラ」(98)を製作したディーン・デヴリンが、経験値を活かして自ら演出を手がけたデザスター怪作だ。エメリッヒが失くしたものを彼が見事に継承しているというか、地球がありとあらゆる災害に見舞われ、まるで国民の祝日を1月にすべて集めたような特盛内容には呆然とさせられる。

  西暦2019年、温暖化による異常気象が世界各地を襲い、地球に脅威をもたらしていた。国際社会はこれに対抗するため、気象制御衛星「ダッチボーイ」を開発し、人類を存亡の危機から救いだしたのだ。

  だが数年後、そんなダッチボーイのシステム異常によって、アフガンの砂漠やリオのビーチが一瞬にして凍る異常事態が群発する。システムを開発した科学者ジェイク(ジェラルド・バトラー)は原因究明のため宇宙ステーションに向かうが、そこで誤作動の裏にある恐ろしい陰謀を知る。はたして彼はそれを阻止し、システムの暴走を収めることができるのか!?

  映画はこうした世界崩壊の序曲をド派手に鳴らし、ダッチボーイが次々と都市を破壊するシーンが圧巻だ。香港では高熱の影響によって街がおぼろ豆腐のように崩壊し、ドバイの超高層ビル群を大洪水が呑み込む。日本も巨大な雹が東京に降り注いだりして、他人事だとヘラヘラ笑ってられない。

画像1
  そこへきてドラマは究極の兵器にもなりうる、そんな気象制御システムをめぐる政治サスペンスを繰り広げ、展開の激変ぶりがハンパじゃない。その目まぐるしさがもたらす「置いてけぼり感」と「中毒性」たるや、観ているこっちの頭がおかしいのではと思えるほど高濃度だ。CGの発達によって破壊描写に死角のない今「災害ジャンルはこうあるべき」とグイグイ迫る、そんな演出の圧力が凶暴を極めている。

  いつも脳筋ヒーローを演じるジェラルド・バトラーが超天才科学者に扮し、アンディ・ガルシアが米大統領という、悪い冗談みたいな配役もトリップ感を増大させる。いや、ああ見えてバトラーは俳優を志す前は弁護士だったので、むしろこういった役にたどり着くのが遅かったくらいだが、こうしたミスマッチもマグニチュード10級の衝撃となって観る者を激震させるのだ。

  まさに人類は、本作と出会うために生まれてきたといっていい。とりわけ際立ったその脱知性ぶりは、同じSFでも「メッセージ」(16)や「ブレードランナー 2049」(17)の高尚さに疲れた者が観ると、きっと居場所を実感できることだろう。

(尾崎一男)


ユーザレビュー(208件)
作品情報
映画評論タイトル一覧へ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 4/24更新
公開スケジュール
予告編・動画 4/24更新
ソ興行ランキング
ソ注目作品ランキング
P映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
試写会・プレゼント
マイページ
上へ▲

映画.com ホームへ

ホーム > 映画評論一覧 > ジオストーム > 映画評論

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.