映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
携帯(フューチャーフォン)サイト終了のお知らせ
ユーザレビュー
◆君と歩く世界
平均評価[3.3]

次のレビューへ
前のレビューへ

君と歩く世界のユーザレビュー一覧へ
作品情報


[ネタバレ!]
獣のような男
印象:
鑑賞方法:映画館
PCから投稿
評価:[5.0]

観てびっくりした。こんな映画だとは思わなんだ。

「女性向けのきらめく愛の感動作」って感じの宣伝に惑わされた方も多かったに違いない。実際はそんなにきれいな映画じゃない。

この監督、ジャンル的にはバイオレンス系、ノアール系だと思う。
やさぐれ感がリアルで、暴力シーンも派手さはないがパンチがずしっと重くボディに響く感じで、まさにガチな「ファイトクラブ」。
フェラーラの「バッド・ルーテナント」や、北野監督の「ソナチネ」などの、ひりつく感じに近い映像だった。

殴りたいから殴る、抱きたいから抱く、女だったら誰でもいい、そんな男が主人公。
獣みたいな生き方しかできない。獣なので、基本自分勝手、欲望の赴くまま、他人への同情心や責任感なんて持ち合わせていない。

そんな男だからか、両脚を失った女性とも嘘偽りなく自分勝手に向き合う。
可哀相な同情すべき女性としてではなく、自分の欲望に火をつける一人の女として。
だからこそ、女は救われたのではないか?
同情ではなく本能で自分を欲してくれる男の存在が、どん底から立ち直るきっかけとなったのではないか。

男が喧嘩をしているところに、女が義足で近づいていくシーンがいい。
それがとてもかっこいいのだ。痺れるほどいい女なのだ。
安っぽいヒューマニズムなぞ不要と言わんばかりの力強いシーンだった。

女は立ち直ることが出来たが、男は相変わらず獣のままで、だとすれば悲しい結末しか待ってないなあと、映画の後半はヒヤヒヤしながら観ていた。
最後の最後で、男が「見捨てないでくれ」と呻くシーンがいい。
獣のような男にも人間らしい悔恨や弱気が芽生えるところがいい。
女や家族から実直な愛を受けることで、自分にも大切な人がいたんだと気付くところがいい。
この映画は女の再生物語でもあり、男の再生物語だったのかと、その一言に痺れた。

2013/07/11 小二郎さん

次のレビューへ
前のレビューへ

君と歩く世界のユーザレビュー一覧へ
作品情報
新着ユーザレビュー一覧へ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 11/19更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.