映画のことなら映画.com - エイガ・ドット・コム
ユーザレビュー
◆2046
平均評価[2.7]

次のレビューへ

2046のユーザレビュー一覧へ
作品情報


理屈では人は変われない
印象:
鑑賞方法:-
から投稿
評価:[5.0]

前作「花様年華」のレトロな作風から一転、今作は一人の男の空想と現実を舞台にしたやや近未来的な作風。今までのカーウァイ監督の中でも、一層私的な世界観が披露されています。よって国際的評価は乏しく、それも理解できます。でも、わたくしの完全なプライベートなレベルでは最高の作品。

この映画の焦点は、心に傷をかかえた一人の男(トニー・レオン)がそれを乗りこえるまでの過程で、複雑に絡み合った過去をほぐし、一本の糸にするまでの心象。それはYES、NOで判断できる次元でなく、自らを比ゆにして浮かび上らせた世界(小説)をあるがままにストイックに受け止めること。そのようにして、絡み合った心はほぐれるのではなく、最後に一気に溶解してしまうのです。ある意味、すごい大どんでん返しです。カーウァイ監督は、心の深い所まで降りていける人なんですね。

トニー・レオンの最初のやくざな眼差しから、心が一気に溶解した瞬間、優しくなる目の演技はすごいの一言。ここまで息をのませた演技は、個人的に「ヒート」のデ・ニーロ、「グラディエーター」のラッセル・クロウ以来。他の共演陣も(木村氏を除いて)素晴らしいです。

2008/07/29 あんゆ~るさん

次のレビューへ

2046のユーザレビュー一覧へ
作品情報
新着ユーザレビュー一覧へ
◆映画.comメニュー
映画ニュース 7/22更新
公開スケジュール
興行ランキング
注目作品ランキング
映画評論
ユーザレビュー
俳優・監督
上へ▲

映画.com ホームへ

(C)eiga.com inc.
All Rights Reserved.